ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

成瀬・大引ら大型補強の理由は「ヤクルト創業80周年の節目」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球の今オフ、大型補強でストーブリーグの中心となったのがヤクルトだ。今年はロッテから成瀬善久投手、日本ハムから大引啓次内野手を獲得。成瀬には3年6億円、大引にも3年3億円をつぎ込む約10億円の補強費を出した。

 過去3年間で即戦力として獲ったと思われる選手は岩村明憲、新垣渚くらいで、小川淳司前監督時代とは大きな違いだ。その理由をヤクルトOBの1人に聞くとこう答えた。

「親会社が来年、創業80周年の節目を迎える。そんな年に“定位置”の最下位では格好がつかないということだろう。さらに衣笠剛・球団社長の日大の後輩にあたる真中満・一軍打撃コーチが監督に昇格した“ご祝儀”の意味合いもある」

 ヤクルトといえば、かつては「現場で女性が汗をかきながらヤクルトを売ってくれているお金が球団を支えている」という理由で、選手が高級車に乗ることを禁じられたのは球界では有名な話。それでも会社の節目となれば“清貧”とはいっていられない。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤクルト身売り騒動 誤報にも関係者からは「あり得る話だ」
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露
マートンにシーズン最多安打許した中澤雅人はかなり不運な男

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP