ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

APEC首脳会議記念写真 日本はいつの間に後列の国になったか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「就任から2年弱で50カ国を駆け抜けた外交努力は、今まさに実を結ぼうとしている」──衆議院の解散直後、安倍晋三首相と親しいことで知られる新聞記者が、安倍外交を手放しで褒め称える記事を書いた。

 記事にどんな意図があるにせよ、実際に日本の国際的地位が向上しているならば歓迎すべきことだ。だが、果たして本当にそうなのか。

 安倍官邸や官邸に近いマスコミは、日中首脳会談が開かれたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議を「安倍外交の成果」と喧伝した。しかし、彼らのアピールとは真逆の結果が、一枚の写真に収まっている。各国首脳の集合写真だ。

 中央にホスト国である中国の習近平国家主席、その脇をアメリカのオバマ大統領とロシアのプーチン大統領という二大国の首脳が固める。

 では、肝心の安倍首相の立ち位置はというと、なんと後段の左端から4番目。前列左端側の韓国・朴槿恵大統領に比べても、冷遇されているように思えて仕方がないのだが……。外務省出身で元駐レバノン特命全権大使の天木直人氏が指摘する。

「国際会議の集合写真の立ち位置はホスト国が決めますが、各国は世界に存在感を示すためにどうにか良い位置で映ろうとホスト国と事前調整する。もっと中心に、もっと前にしてくれと交渉するのが、外交なんです。

 今回、この集合写真によって、習近平はアメリカとロシアを最重要国とみなしていることを世界にアピールしたわけですが、一方で日本は露骨に低い位置に追いやられた。前列には、代わりに中南米の途上国やASEAN諸国といった中国が重視する国々の指導者が並べられた。安倍外交の成果が、内弁慶に過ぎなかったことが世界的に証明されてしまったわけです」

 もちろん、原則としてホスト国が立ち位置を決める以上、良いポジションが取れないこともあるだろう。しかし、安倍首相は2013年10月にインドネシア・バリで開かれたAPEC首脳会議でも後列の隅のほうに追いやられている。野田佳彦・前首相がハワイ開催の同会議でオバマ大統領の隣という絶好の地位を得ていたことに比べると、その差は歴然である。安倍政権があれだけ否定していた民主党政権時代よりも、集合写真上の日本の存在感は低下しているのが現実なのだ。天木氏が続ける。

「かつて中曽根康弘首相は、歩きながら無理矢理にでもレーガンやサッチャーの横に行って話したり、集合写真でも半ば強引に中央付近を取りに行ったりしました。ところが今回の会議では、習近平がオバマやプーチンと談笑しながら入場する後ろから、安倍首相は静かに入ってくるだけ。

 11月に行なわれたG20でも、ランチのときに安倍首相が自ら自分のグラスに水を注ぐ光景が映されていた。たとえランチでも、どこに座るか、誰と話すか、これらは全て外交なんです。こうした情けない姿が世界に晒されるのは大きなマイナスです。外務省もなぜアドバイスしないのでしょうか」

 国際情勢が激変するなか、政権が外交戦略に苦慮する様子はよく分かる。しかしだからといって、日本の存在感を水増しすることは、それこそ日本の孤立化につながるだろう。

※SAPIO2015年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国紙 習近平氏は「日本の求めに応じて会談した」と報じた
屈辱の日中首脳会談 日本国旗用意されぬなど中国の非礼対応
安倍首相側近 韓国と首脳会談しても国益上さほど得はしない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP