ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リオデジャネイロのクリスマスシーズンは「浮かぶクリスマスツリー」ではじまる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブラジルのリオデジャネイロ。そこからクリスマスをイメージするのは日本人にとって難しいかもしれませんが、リオの街では毎年恒例の「浮かぶクリスマスツリー」が登場しました。

2014年は世界最大の「浮かぶクリスマスツリー」として、大きな話題となっています。12月2日に点灯式が開催されて、多くの人たちが水面に浮かぶクリスマスツリーに歓声をあげていました。

点灯式では、クリスマスツリーに負けじと(?)大きな打ち上げ花火が無数に夜空を彩り、見物客たちを楽しませます。写真や映像からはあまり伝わらないかもしれませんが、実は私たちの知っているクリスマスと「何か」が違うのです。

そう、ここはブラジルのリオデジャネイロ。つまり、気温は30度をこえる真夏とも言うべきクリスマスシーズンなのです。オーストラリアも夏がクリスマスシーズンなのですが、暑い国でのクリスマス、一度は体験してみたいものですね。

記事: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com
 

 
記事: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP