体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【実泊した】セルリアンタワー東急ホテル『クリスマス2014 インルームダイニングプラン』は完全に“ステージ”が違った

セルリアンタワー東急ホテル

東京渋谷の高層ビルの代名詞とも言える『セルリアンタワー』。2012年4月にできた『渋谷ヒカリエ』が地上高182.5mと『セルリアンタワー』に迫る高さであるものの、『セルリアンタワー』は184mでいまだトップクラスの高さを誇っています。

IMG_8372_f IMG_8361_f

今回はこの『セルリアンタワー東急ホテル』に赴き、『クリスマス2014 インルームダイニングプラン』が実際にどんな内容であるのかを確かめてきました。
渋谷に数少ないデラックスホテル『セルリアンタワー東急ホテル』、地上高だけではなくホスピタリティの高さでも、もちろん有名です。一体どんな様子だったのか、写真を交えながら紹介してみたいと思います。

※すべての写真を閲覧するにはガジェット通信からどうぞ

IMG_8252_f2 IMG_8271_f IMG_8296_f

日常の延長線上の非日常

実は2014年9月にセルリアンタワー東急ホテルでは28~30階の3フロアをリニューアルしました。
「和と洋のクロスオーバー」をテーマに、ベッドプランの変更や壁紙等の改装、家具のグレードアップ、室内LED化などが行われました。
カラーコンセプトとして用意されたのは『利休カラー』と『さくらカラー』の2パターン。
落ち着いた和風の配色と、くつろぎやすいベッドやソファなどの調度品の組み合わせは、まさに「よい塩梅」という日本語を体現したかのようなたたずまい。

IMG_8741_f

今回、ステイしたのはまさにリニューアルしたばかりの29階『さくらカラー』のルーム。
室内に無駄な派手さはありません。これはもちろん良い意味で。
くつろぎと安心を与えてくれる落ち着きある室内は、品の有る空気に満ちています。

まず驚いたのは、「静かであること」。言葉で言い表すのは簡単ですが、都会の中心部で、ここまで静けさを確保できているのは特筆すべきことだと感じました。高層階だから地上の音が届きにくいという物理的な理由もあるでしょうが、室内に音が届かないようにする配慮も当然になされています。空調はきちんと働いているにも関わらず、無駄な音が全く無いのもその一端でしょう。

IMG_8750_f

そして、目に飛び込んでくるのは渋谷一帯を中心に、新宿・神宮方面から羽田方面まで一望できる景観。スカイツリーと東京タワーが同時に眺められる部屋なんて……!

IMG_8751_f IMG_8761_f IMG_8763_f IMG_8768_f

実はこの高さ、これ以上高いと地上の人の動きが見えなくなってしまい、これより低いと周りの建物が視界に入ってきてしまうという絶妙な高さなのです。

そして、バスルームからもこの景観を楽しむことが出来てしまいます。バスタブに身を沈めながら眺める夜景は、ドラマでも映画でもない現実。

IMG_8774_f
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。