ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミルクの美味しさがぎゅ~っと凝縮された『明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト』を試食レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

明治から2014年12月9日に発売された『明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト』は、ミルクの濃厚な美味しさを徹底的に追求したヨーグルトです。

『明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト』は、生クリームを使ったぜいたくな味わいと、濃厚でなめらかな食感が特徴。フレーバーは『バニラ』と『プレーン』の2種類をラインアップしています。

本格的デザートのバニラ

『バニラ』は爽やかな風味とほどよい甘みが特徴の製品。風味、酸味、甘みのバランスが絶妙でレアチーズケーキのようなヨーグルトです。

通常のヨーグルトより水分が少ないため、しっかりとした食感があり、柔らかくも力強いバニラ味との相性が抜群。口に入れたときにほどけるような食感も新鮮です。濃厚なミルクの味としっかりとした甘さ、それでいて後味がくどくないのでデザートにピッタリ。

そのまま食べてもアレンジしても美味しいプレーン

『プレーン』は甘味を加えていないので、純粋なミルクの美味しさを楽しめます。そしてデザートとしてだけでなく、様々なアレンジをしたり、料理の素材としても使いやすそうです。

色々トッピングしてみた


『プレーン』は他の食材と合わせることでさらに美味しさが増すので、ヨーグルトの定番トッピングを加えて試食をしてみました。


まずは大定番の蜂蜜です。今回は癖のないアカシア蜂蜜をチョイス。ヨーグルトの酸味とまろやかな甘味が相まって、とても美味しかったです。


真っ白のヨーグルトに鮮やかな色が映えるブルーベリージャム。ブルーベリーのフルーティな甘味と控えめな酸味が加わると、より食べやすい味になります。


バナナを加えた食べ方も試してみました。バナナのほのかな甘味がほどよく合い、美味しいです。他のフルーツとも相性が良さそうなので、色々試してみるのも面白いかもしれません。


甘みを加えて食べる方法を試してみて、とても美味しかったのですが、料理の素材としても使えることが特徴の一つなので、クラッカーを使ってカナッペ風にアレンジしてみました。


プレーンをベースにプチトマト、ブロッコリー、鳥の胸肉を乗せて塩コショウしたものにオリーブオイルをサッとかけました。甘味としてレモンを乗せて蜂蜜をかけたものも用意。


実際に食べてみると……予想以上の美味しさです。クリームチーズに似た使い方ですが、安価で低カロリー、コンビニエンスストアで手軽に購入できるので非常に便利。本格的なデザートの味わいが楽しめる『バニラ』、そしてそのまま食べても料理の食材としても使える『プレーン』を毎日の食卓に加えてみてはいかがでしょうか?

商品名:  明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト
発売日:  2014年12月9日(火)
価格:   120円(税抜き)
内容量:  85g
フレーバー:プレーン、バニラ
販売地区: 全国

明治ブルガリア濃くておいしいヨーグルト特集|株式会社 明治
http://www.meijibulgariayogurt.com/special/kokuteoishii/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
せんとすの記事一覧をみる ▶

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP