ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

玄関先で雨降りを予想!iBeaconと連動する降雨予想自動通知アプリがお目見え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今日は雨降る?降らない?」玄関を出ると、どっちつかずの曇り空。日によっては傘を持っていくかどうか、決めかねてしまうときもある。

そうかと言って、自己判断で傘を持たずに行けば、夕方にはいきなり土砂降りの雨、ということにだってなりかねない。

そこで登場したのが、「そら用心」なるiPhoneアプリ。iBeacon機能と気象情報を組み合わせた降雨予想自動通知アプリとして、今月リリースされたばかり。

特定の場所に行くだけで、iPhoneを起動せずとも、外出前に雨が降るかどうかがわかるという、画期的な機能はもちろん、かのiBeacon技術を家庭向け用途で使用した国内初のアプリケーション、という面でも要注目である。

iBeaconの電波に反応!降水確率を自動で通知

iBeaconの電波に反応する「そら用心」は、別売の専用iBeaconデバイスと合わさることで、最大限の能力を発揮する。

「そらビーコン」という特殊なデバイスから発する電波によって、iPhoneのロック解除やアプリの起動もなく、降水確率を自動で通知。音声と振動にも対応しているため、視聴覚障害者でも気軽に使うことができる。

デバイスは市販品で賄うことも可能だが、フル機能にしたい場合は、やはり専用品を購入する方がベターだ。

外出前も安心。玄関先で傘の所持を判断

iBeaconデバイスの設置先は、玄関がおススメ。位置情報とドッキングしてアプリが作動するので、日常的に天気の最終判断を下す場所にある方が、都合がいいのだ。電波に反応した「そら用心」が、雨が降りそうかどうか、玄関で自動的に知らせてくれるから、時間ぎりぎりでも傘を忘れずに済む。

アプリは現在、App Storeで販売中。ダウンロード価格は200円。専用デバイス「そらビーコン」に関しては、特設サイトで購入可。日常の小さな悩み、これでまた1つ解消された?

そら用心
そらビーコン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP