ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

杉作J太郎氏が選ぶやくざ映画 「突き抜けた侠気BEST5」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高倉健さん、菅原文太さんという2人の名優が亡くなったことで、やくざ映画に脚光が集まっているが、著書に『仁義なき戦い 浪漫アルバム』(徳間書店)などがあるライター・杉作J太郎氏が選んだ、やくざ映画「突き抜けた侠気BEST5」は以下のとおり。

■『仁義なき戦い』(1973年/東映)
■『緋牡丹博徒一宿一飯』(1968年/東映)
■『県警対組織暴力』(1975年/東映)
■『脱獄広島殺人囚』(1974年/東映)
■『大脱獄』(1975年/東映)

 その中でも『仁義なき戦い』は、日本映画史上に燦然と輝く、やくざ映画シリーズの第一作。戦後直後の広島・呉を舞台に、ギラギラしたならず者たちが躍動する。その魅力を杉作氏が語る。

「主人公の広能は、刑務所から出たところを組長に拾ってもらいます。しかしその後は、ひたすら貧乏くじを引かされる。仲間からはヒットマンを押しつけられて刑務所へ逆戻り。『出たら全財産やる』といっていた親分も、いざ出てきたら祝いの食事さえ、『飯代払え』です。それでも広能はどれだけ裏切られても男には通す筋がある、と仁義なき社会で仁義を通す。まさにやくざの見本といえる1本です」

■すぎさく・じぇいたろう/1961年、愛媛県生まれ。漫画家、映画監督、脚本家とマルチに活躍する。著書に『仁義なき戦い 浪漫アルバム』(徳間書店)など。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『仁義なき戦い』が今称賛されるのは震災で絆が望まれるから
松方弘樹のギャラが10万円の時代 小林旭は550万の車を購入
直木賞作家・奥田英朗が歌舞伎町の下っ端やくざの青春を描く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP