ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美肌鍋から手軽な美肌ドリンクへ 冬の肌に潤いを与える方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一年でもっとも乾燥する季節、冬がやってきた。乾燥注意報が連日出ており、火の取り扱いへの注意が呼びかけられている。注意が必要なのは火の元だけでなく、ヒトの肌も同じ。女性にスキンケアのアンケートをとると必ず、肌に潤いを与えることを重視しているという結果が出るように乾燥は最大の関心事で、最も悩まされている原因も乾燥だ。肌の乾燥対策として、最近は内側からケアする方法への関心が高まっている。

「乾燥肌対策としては冬用の保湿重視の化粧品が長らく定番でした。数年前からは、食べもので内側からキレイに整える方法が加わりました。女子会メニューを用意している飲食店では、美肌効果を意識したコラーゲン鍋、トマト鍋、豆乳鍋が美肌鍋として人気を集めています。ただ、鍋料理は時間がかかるし一人では食べづらいので、最近では、コンビニやスーパーで手軽に買えるドリンクが注目です」(美容ライター)

 たとえば、昔から水分保持に効果が高いことで知られる糀を使った「とろとろ糀のスムージー プレーン」(国分株式会社)、肌がぷるぷるになるとブームになったコラーゲンに美白に効くビタミンCを加えた「キレイ潤う コラーゲン2000mg+ビタミンC」(TBC)がある。

 今年話題の食材を使ったドリンクも登場している。ハワイから上陸し朝食メニューとしても注目されたアサイーを使った「フルッタアサイー ビューテイザクロ」(フルッタフルッタ)や、アロエベラの葉7.5トンからわずか1グラムしかとれない希少なアロエステロールを使用した「ALOENEBE(アロエベネ)」(森永乳業株式会社)だ。

 なかでもこの冬に注目したいのは、初めてアロエステロールを使用したヨーグルトドリンク「ALOENEBE」だろう。というのも、口から摂取したアロエステロールは、皮膚の奥、真皮にある線維芽細胞に体内から働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促すとわかったからだ。

「アロエステロールの皮膚線維芽細胞におけるコラーゲン・ヒアルロン酸産生促進作用などは他の植物ステロールにはない効果といえます。経口摂取したアロエステロールは真皮へ到達していると考えられ、肌への効果の裏付けになると思われます。また、微量の摂取量で効果を発揮するという点も珍しく、大いに注目される特性です」(東北大学大学院農学研究科・池田郁男教授)

 ヒトの皮膚の真皮に存在する線維芽細胞は、コラーゲンなど肌の潤いを保つのに重要な成分を生成し、それらと強く結びつくことでハリのある肌を形作る美肌のために重要な存在。その大事な細胞に、アロエステロールは直接、働きかけて美肌効果をもたらすという研究報告が8月に発表された。56名の乾燥肌の女性がアロエステロールを含む食品を8摂取したところ、8週間後には皮膚水分量が明らかに上昇し、目尻のシワの深さも少なくなった。

「線維芽細胞に働きかけコラーゲンやヒアルロン酸の合成を働きかけるアロエステロールは、内側からのエイジングケアに非常に有効な成分だと思います。私自身もアロエステロールを使ってみて、疲れてくる夕方になっても目の周りの乾燥を感じなくなり、効果を実感しています。人によっては腕やかかとがつるつるになるとのこと。体の乾燥に悩みを持つ方も多いので、全身に効果があるのもいいですね」(草野貴子・形成外科医、美容皮膚科医)

 肌に最適な湿度は60~70%と言われている。しかし12~3月は一年でもっとも湿度が下がり、東京では平均で50%前後しかない。最新の情報に基づいて美肌に適したドリンクを飲み、内側から潤いを保とう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
垂れない「美胸」を作るには1日納豆1パックが効果的
グルコサミン&コラーゲンサプリ 富士フイルムが開発の理由
累計販売数53億個のアロエヨーグルト 当初社内では緑色不評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP