ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

陽水、林檎が歌う宇多田ヒカルカバーがすごい! エヴァ初カットも

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「井上陽水 – SAKURAドロップス」キャプチャ
歌手の宇多田ヒカルさんのデビュー15周年を記念して、12月9日(火)にリリースされるソングカバーアルバム『宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-』から、4曲のiTunes先行配信が開始した。

配信されているのは、井上陽水さんの「SAKURAドロップス」、椎名林檎さんの「Letters」、AIさんの「FINAL DISTANCE」、KIRINJIの「Keep Tryin’」の4曲。YouTubeでは、楽曲の一部を視聴することができる。

さらに本作の企画として、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ3作の映像を編集して制作された「Beautiful World」のMVも公開。作中には初公開となるカットが挿入されている。

自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現

2014年でデビューから15年目を迎えた宇多田さん。

今回のオフィシャルアルバムは、「自らがソングライターとして第一線で活躍されているアーテ­ィストに限定して、自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現してもらおう」というコンセプトだけあって、先行して公開された楽曲は、アーティストの個性が光る作品に仕上がっている。

12月3日(水)には収録曲が発表され、どのアーティストがどの楽曲をカバーするのかが明らかに。特設Webサイトでは、各アーティストごとのコメントが公開されている。

引用元

陽水、林檎が歌う宇多田ヒカルカバーがすごい! エヴァ初カットも

関連記事

『新世紀エヴァンゲリオン』初Blu-ray化! 幻の「DEATH」初収録
TeddyLoid×daoko 過激MV公開! エヴァパロディーが随所に
ボカロカバー祭2に総再生数1億の神曲たち 白石稔や吉田尚記ら参戦

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP