ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読みかけの本を放置していると、著者からツイートが来て教えてくれる“スマートしおり”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あらゆる情報が満載で、今や誰でも気軽にアクセスできるインターネットは、いってみれば最高の暇つぶし。おかげで余暇の時間にあまり読書をしなくなった……という人もいるかもしれない。

苦労して本を書き上げた著者たちにとっては、「読まれないまま積まれ、ほこりをかぶった本」なんて、一番見たくない光景だろう。

光センサー、ミニコンピューター内蔵の“スマートしおり”

ブラジルの大手出版社「Penguin-Companhia」では、放置していた本を思い出して読んでもらおうと、「Tweet For a Read」というキャンペーンを実施。

「Tweet For a Read」はいわば“スマートしおり”。見た目は立派な本のしおり、という感じだが、内部には光センサー、タイマー、wifi通信するミニコンピューターを搭載している。

著者からリマインダーのツイートが届く

光センサーは本が閉じられた瞬間を検知し、タイマーは最後に本が閉じられてからどれくらいの間、本がそのままの状態であるのかを計測する。もし、1週間がたっても放置されたままであったなら、Twitterの著者アカウントからツイートが送られてくる。

これは読者の認知を喚起するリマインダーとなり、再び読書をすることを促してくれる。リマインダーツイートは、作者本人が編集したものであったり、書籍内のフレーズを用いたものなどだ。

オフラインの書籍と、オンラインのSNSを結びつけるユニークなこの試み。忙しい毎日に追われている、ついインターネットでSNSにかまけてしまう……。そんな人たちに向けて、ネットから離れ、ふと足を止めて、本を読むという豊かな時間を過ごしてみては、という提案をしてくれるツールである。

Tweet For a Read(動画)

Penguin Books USA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP