ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「パンケーキは女子の二郎」に納得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ツイッターで、“「パンケーキ」は女子にとって、「ラーメン二郎」のような存在なのではないか?”という説が登場。この説は共感を得て、「パンケーキは女子の二郎」という言葉が名言だと称賛されている。

【画像や図表を見る】

事の発端は、あるツイッターユーザーが、11月27日に投稿した「パンケーキは女子の二郎…」というツイート。“二郎”とは、東京・三田本店を中心として展開するラーメン屋「ラーメン二郎」のこと。濃厚な味とボリュームの多さが有名で、そのラーメンは“中毒性”が高いといわれ、熱狂的なファンは「ジロリアン」とも呼ばれている。

二郎とパンケーキはともに、カロリーたっぷりの”ダイエットの敵”な食べ物でありながら、時折無性に食べたくなることや、熱心なファンによる店の前の長い行列っぷり、またトッピングが大盛りの姿が似ており、「パンケーキは女子の二郎」という言葉は、相当の説得力をもっている。この言葉について、たちまちツイッターで、

「納得せざるをえなかった」
「名言として広めていきたい」
「あはははは、確かに似てるかも。炭水化物と脂分のかたまりなとこも」

などと、共感を得ながら拡散した。

そして、ツイッターには早速、パンケーキバージョンの「呪文」が多数登場。「呪文」とは、「ラーメン二郎」でヤサイ、ニンニク、アブラなどのトッピングの注文コールのことで、「ニンニクマシマシヤサイアブラマシ」などと唱えることが“呪文”のように聞こえることから、そう呼ばれている。ツイッターには、

「なるほどwwwイチゴ、クリームましましwww」
「フルーツ・カラメル、ホイップマシマシ」
「アサイー、ハチミツ、ホイップマシマシ」
「ホイップマシマシ」
「生クリーム、チョコレートソースましまし、みたいな(笑)」

などのコメントが登場しているのだ。

“女性がパンケーキ屋に大行列をつくる理由がわからない”という男性は、二郎ファンのことを思い浮かべると、少しは理解できるかもしれない。
(R25編集部)

「パンケーキは女子の二郎」に納得はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

初心者注目 二郎呪文ジェネレータ
食べログが「まとめ」サイト開始
炭酸水を使う…パンケーキを作るコツ
「二郎」札幌店オープンで大騒ぎ
甘い物でイライラ解消=砂糖中毒?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。