ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

選ぶなら?大手の課長・中小の部長

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先進国のなかでも特に長いといわれる日本の労働時間。とりわけ、働き盛りといわれる20代後半~40代前半の労働者の約2割は、週に60時間以上働いているという(総務省「労働力調査」)。これだけ長い時間を費やしている「仕事」。さぞ、生きがいを感じている人も多いだろうと思いきや、実態はそうでもないようだ。20代~30代の働く独身男性200人を対象に、働き方や「仕事」に関する考えを聞いた(調査協力/アイ・リサーチ)。

【画像や図表を見る】

〈あなたにとって、仕事とは…?〉
・お金を稼ぐ「手段」派 79.0%
・生きる「意味」派 21.0%

〈選ぶとしたらどちらのポストがいい?〉
・「大企業の課長職」派 48.5%
・「中小企業の部長職」派 51.5%

では、それぞれの回答が選ばれた理由をみてみよう。

〈あなたにとって、仕事とは…?〉
●お金を稼ぐ「手段」派 79.0%
「お金があれば、仕事はしたくないことから」(31歳)
「生きる意味はプライベートにあると思うから」(34歳)
「場合によるがサラリーマンだとそうなってしまうと思う」(29歳)
「給料が安かったらやってられない」(33歳)
「たとえば収入が半分になってもよいかと考えるとこちら」(31歳)
「仕事はお金を稼ぐための手段でしかない。それ以上のものにしてしまうと、周囲とのギャップを感じ、やりづらくなると思う」(31歳)

●生きる「意味」派 21.0%
「初めは、お金を稼ぐ手段だったが、結果生きる張り合いになっている」(27歳)
「人のためになってお金稼げて時間もつぶせる」(34歳)
「仕事は、自分を表現する手段の一つでもあるので」(39歳)
「大半の時間を使うため」(29歳)
「自分のスキルを磨く場だと思うから」(36歳)
「充実感が必要」(23歳)

〈選ぶのはどちらのポスト?〉
●「大企業の課長職」派 48.5%
「大企業の肩書が欲しい」(32歳)
「会社が倒産する確率が低そうだから」(33歳)
「大きな組織のほうが様々な方向性を模索できる可能性が高いと思うので」(28歳)
「決裁権限は少ないものの、様々な人とか関わりあえるから」(24歳)
「周りと競争して自身を成長させたいから」(33歳)
「プレイヤーに近いポジションにいたい」(33歳)
「組織のトップとして上り詰めようという野心が生まれるので」(27歳)
「手当や福利厚生を考えて」(34歳)

●「中小企業の部長職」派 51.5%
「小回りがきくし、色んな経験ができるので」(39歳)
「少数精鋭でやりたいから」(36歳)
「部下と親密に協力しながら仕事するにはやり易いから」(23歳)
「責任感(金額ベース)が小さいと思われる」(28歳)
「中小企業のほうがある程度自分の裁量で仕事をできると思うから」(31歳)
「大企業は、派閥や人間関係が大変そう」(25歳)

新卒採用の人気企業ランキングでは相変わらず大企業が人気だが、社会人になると視点は少し変わってくる模様。仮に2つのポストを提示されたとしたら、「大企業の課長職」より「中小企業の部長職」を選ぶという人がわずかに上回った。大企業を選んだ人の中にも「倒産しない」「福利厚生」など「安定」を理由に選択した人は少数派で、「大きな仕事ができてやりがいがありそう」という観点からのコメントが目立った。

一方で、「仕事=お金を稼ぐ手段」と割り切って働いている人が約8割に及んだ。「どうせ働くならやりがいがあるに越したことはないが、現実的には“やりがい”より“お金”が大事」という本音が透けて見える。

ちなみに今回、「望ましい働き方」のおまけとして、仕事がはかどるのは「朝・夜」どちらか尋ねてみたところ、こんな結果に…。

〈仕事がはかどるのは朝?夜?〉
・朝派 62.0%
・夜派 38.0%

●朝派
「朝の方が静かで仕事がやりやすい」(37歳)
「夜には体力を消耗しているので、できるだけ朝のうちに済ませたいです」(35歳)
「時間を決めて作業しプライベートを充実させようとしているから」(32歳)
「昼にかけてエンジンがかかるから」(21歳)
「午前中やるかどうかで一日の仕事に影響が出るから」(26歳)

●夜派
「朝は体もだるく感じて仕事ははかどらない」(36歳)
「朝から何時間もというより、これが終われば帰れるとかの方がマシに感じる」(30歳)
「フロアの人数や問い合わせのメールが減ってきて、集中しやすくなるから」(31歳)
「夜はいつまでも起きていられます。他の人が寝静まった方が、仕事がはかどります」(27歳)

よく「朝のほうが作業効率は高い」といわれるが、今回の調査でも「朝の方がはかどる」と回答した人が3分の2近くに上った。しかし、20代で67.2%いる「朝派」は、30代になると59.6%に減少。やや意外だが、30代のほうが宵っ張りが多いのだろうか…? 「仕事に対する向き合い方」や「望ましい働き方」は年齢や立場によっても変わっていくもの。皆さんはいかがだろうか?
(R25編集部)

選ぶなら?大手の課長・中小の部長はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

転職理由「もっと給料を」は有効説
朝は仕事がはかどるって本当?
ビジネスマン半数「3年先は不明」
IT技術者不足が深刻…環境過酷か
職務経歴書、どこまでカスタムOK?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP