ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

正社員の平均年収442万円 「40~50代の年収減少」さらに顕著に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
正社員の平均年収442万円 「40~50代の年収減少」さらに顕著に

インテリジェンスが運営する転職サービスのDODAは12月1日、ビジネスパーソンの「平均年収2014」を発表した。平均年収は442万円(平均年齢33歳)で、前年比マイナス4万円。2013年は4年ぶりにプラスに転じたが、1年間で2012年と同水準まで戻ったことになる。

ただし年代別に見ると、20代は348万円(前年比-1万円)、30代は458万円(同増減なし)と横ばいなのに対し、40代は586万円で前年比12万円減、50代は721万円で同35万円減と大きく金額を減らしている。
人口減少と定年延長で「年功序列」維持できず

調査対象はDODA転職支援サービス登録者のうち、正社員として就労している22~59歳のビジネスパーソン男女約16万人。40代の平均年収は2007年の670万円から一貫して右肩下がりとなっており、7年間で84万円下がっている。

2014年のデータを年齢別に見ると、36歳以上の減少傾向が強くなっている。この理由について調査元のインテリジェンスは、「これまでの年功による給与体系は見直されつつある」と結論づけている。

65歳以上の定年延長や再雇用が進むが、生涯年収の額は変わらないため、年収が抑制される。少子化の影響で若い世代の人材不足が進み、働き盛りの世代が中高年を支える「年功序列」を維持することがすでに不可能になっているようだ。

また、40~50代の年収が下がる一方で、年齢に関係なく経験やスキルに応じた給与で募集を行う「実力主義」の求人が増えているという。

都道府県ごとの平均年収では、1位は神奈川県で481万円、2位は東京都で467万円、3位は前年10位の長野県が前年比22万円増の458万円。最下位の47位は沖縄県で365万円、46位は宮崎県で377万円、44位は長崎県と大分県が381万円で並んだ。

あわせてよみたい:世界で急速に進行する「少子高齢化」のグラフを動画で
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。