体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleカメラの「Photo Sphere」機能は部屋の紹介に最適

Google 純正のカメラアプリ「Google カメラ」には「Photo Sphere」というストリートビューのような空間写真を撮影できる機能が搭載されていますが、皆さんはこの機能を使っていますか? この記事では、Photo Sphere 機能が役立ちそうなシーンを紹介します。Ptoho Sphere は上下左右 360 度の範囲を 1 枚の写真に収められる機能。一般的には観光地などでユーザーが見たそのままの風景を撮影し、共有できるところがすごいと言われています。利用シーンはそれだけではなく、例えば今回のような部屋を紹介・説明する場合にも役立ちます。家の部屋というのは、大体は四隅のある四角形です。部屋の角に立って中央に向かって Photo Sphere の撮影を開始し、右→上→左→左→下→下→右→右と、計 9 コマを撮影するとちょうど部屋全体が収まるようになります。通常モードでは露出や HDR+ などの機能を利用でき、綺麗に撮影できるのですが、部屋全体を写すのは少し困難です。

パノラマ写真でも良いのですが、これだと Photo Sphere 写真に比べて上下の画が足りません。

やっぱり Photo Spere が最適だと思います。


(juggly.cn)記事関連リンク
本体同士だけで通信できるソーシャルスマートバンド「Razer Nabu」がついに発売
HTCの次期フラッグシップ「M9」の噂のスペック、5.5インチ2KディスプレイやSnapdragno 805などを搭載
Acer、トリプルSIMスマートフォン「Liquid E700」をカリブ地域で発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。