ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

26歳からの飲み会は「麻生久美子」が答えだ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


出会いの場においては、いかに短時間で効果的に自分を「いい女」に仕立て上げられるかがキモ。
さらに26歳からの出会いの場においては、「いい奥さんになりそうだ」と想像させることができれば勝ったも同然です。
この連載では、私が26歳になってから経験したモテてウハウハになるコツについて提案します。

毎年、メディア各所がどこかで調べてきた「彼女にしたい芸能人ランキング」を発表しますが、どうもその結果に納得がいきません。
というのも、巷の合コンでランキング首位の女性陣が、「好きなタイプ」として名前が挙がることが少ないような気がするからです。肌感覚として納得がいかない。
そんななか、毎度の飲み会で1回は名前が挙る女性がいます。
それは、麻生久美子さんです。 それに対して周りの男性陣も、「あ〜わかるわ〜」といったリアクション。要するに「平和の象徴は鳩」のような感じで、結婚を見据えた男性陣が真面目に付き合いたい「いい女の象徴」として、「麻生久美子」は巷の合コン界に君臨しているのです。
あのすべてを包み込んでくれそうな微笑み、たまに叱ってくれそうな姉御肌感、派手すぎない中にも漂う色気…。これこそが、日本男児の理想なのではないでしょうか。
もちろん、世の中の男性陣には十人十色の女性のタイプがいるとは思います。しかし、時間のない26歳女性にとって、打率を上げるという意味で「麻生久美子」を目指すというのは、ひとつの有用な手だと思います。
では具体的にどうすればいいのか、研究しました。

麻生ミディアム

「麻生久美子」といったら、「前髪なしのセンターパート」「ダークブラウン」「ミディアム丈の毛先内巻き」。ヘアスタイルで麻生系を主張しよう!

時代の逆をいく「上がり細眉」

アイドルの影響か、若い世代を中心に「下がり太眉」が時代の潮流となっている昨今、果たしてそれマジで男性にウケてる? と、ここで一石を投じたいのです。涼しげな印象を演出するためには「細眉」、サバサバ姉御感を醸成するためには「上がり眉」がオススメ。

地球に優しそうなファッション

ベージュやオフホワイトなど、思わずエコロジカル! と叫びそうになる色を取り入れたファッションなど、いいのではないでしょうか。男性に優しいだけでなく、地球目線も取り入れましょう。

基本スタンス「保健の先生」

「もうダメだぞ〜(笑)」「しょうがないなあ」などという、往年のキラーフレーズを多用することでキャラを確立する。

【今回の格言】「現場の声を元にしたマーケティングの結果、麻生系がウケていることが判明しました」

ボキャブラリーがマンガの範疇を出ないのですが、男性にとってはそれぐらい古典的な方が印象に残るはずです。偉そうに見えない程度に麻生的大人の女を演出しましょう。
Girls image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「本当に欲しいもの」をもらえる。上手なおねだりのしかた
「ストレスでお菓子ばっかり食べちゃいます」におっさんがアドバイス
ひとり飲み時間で「いい女」になる方法

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP