体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界各都市の高齢化対策は? 高齢大国ニッポンで国際会議が開催

世界各都市の高齢化対策は?高齢大国ニッポンで国際会議が開催(写真撮影:小野有理)

最近、「レジリエント」という言葉を聞くようになった。10/17に行われたOECD(経済協力開発機構)・富山市が主催の国際ラウンドテーブルのテーマも、「都市の国際ラウンドテーブル~高齢社会におけるレジリエントな都市~」だ。「レジリエントな都市」とは何か? この会議で共有された、世界各国の先進事情からひも解いてみよう。何が起きてもおかしくない世の中だから「レジリエント」な都市を目指す

少子化も高齢化も、そして、日本全体の人口減少も、今まで慣れ親しんできた社会の変化を促している。従来、こうした変化を予測し何種類もの対処法を用意する「リスクヘッジ」の重要性や、リスクヘッジした上で「持続可能」な社会をいかにつくるかが問われてきた。しかしこの数年、この語られ方に微妙な変化が起きている。それが「レジリエント」という考え方だ。

レジリエントとは「復元力に富む」「すぐに立ち直る」を意味する。物理学では「外力による歪みを跳ね返す力」として、心理学では極度に不利な状況でも精神の平衡状態を保つことができる「耐性」を示す語として使われてきた。そして、いま、社会状況や経済状況の仕組みに対して、この用語が使われ出した。

「レジリエント」は、まず想定外かつ不可避の災害や事故が起きることを受け入れる。その上で、何か困難で驚異的な状況が起きても回復・適応できる能力、を高めることを意識する。

例えば、同じ災害に見舞われてもPTSD(心的外傷後ストレス障害)が起きる人と起きない人に分かれるが、このPTSDが起きない人が「レジリエント」な人、と言えるだろう。今回の国際ラウンドテーブルで主題にしたのは、こうした「困難な状況に陥っても回復できる力」を都市はどのように身につけられるか、ということだった。「日本は課題先進国で、未来に対する実験室だ」(OECD地域開発局長)

当日配布されたデータを見ると、日本は他国と比べ大都市圏に人口が集中しているため(図1)、今後の高齢化問題は都市圏が対象となる。と同時に他国より早く高齢者の減少局面に入るため、高齢者のみならず全世代の減少を見据えた、より長期的な課題解決を模索する必要がある(図2)。ただ、世界的に見ても都市別の高齢化進行率はまちまちで(図3)、一都市での成功例に汎用性があるとは必ずしも言えない。

今回の国際ラウンドテーブルは、「都市の有効策は各都市によって違う」ことを踏まえ、先進的に取り組む各都市の行政・民間を招き、事例の共有や共通要素の見出しを行うことが目的だ。議長のOECD地域開発局長ロルフ・アルター氏がオープニングスピーチで口にした「日本は課題先進国で、未来に対する実験室だ」という言葉に裏打ちされるように、海外の事例に加えて日本の先進的な都市(横浜市、京都市、豊岡市、富山市など)の取り組みが多く紹介され、その先進性に海外の参加者から活発な質疑がなされた場にもなった。

【図1】当日の会議内配布資料より(出典:富山市)

【図1】当日の会議内配布資料より(出典:富山市)

【図2】当日の会議内配布資料より(出典:富山市)

【図2】当日の会議内配布資料より(出典:富山市)

【図3】当日の会議内配布資料より(出典:富山市)

【図3】当日の会議内配布資料より(出典:富山市)

会議は3つのセッションに分けて進行した。日本でも活発な議論が待たれるセッション2・3について簡単にご紹介したい。セッション2では「高齢社会において、都市はどのようにレジリエントな社会経済づくりに貢献できるか」がテーマ。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。