ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本体同士だけで通信できるソーシャルスマートバンド「Razer Nabu」がついに発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CES 2014 イベントで発表した米 Razer 初のウェアラブルデバイス「Razer Nabu」の予約受付が米国で 12 月 2 日に開始されました。今回は 5,000 台の限定販売なのですが、ようやく発売のメドがつきました(まずは北米の Razer ストアと一部の小売店で発売されます。日本での発売は未定)。Razer Nabu はミニマルデザインのスマートバンド製品で、スマートフォンと Bluetooth で連携し、着信や通知を転送するほか、活動量計としても機能します。Apple HealthKit には標準で対応します。もちろん、Android 4.3 以上を搭載した端末でも利用可能です。Nabu の特徴は他の Nabu と相互通信する機能です。このような機能はれまでになかったと思います。それゆえ、Nabu は「ソーシャルスマートバンド」とも呼ばれています。Nabu 間通信というのは、承認されたアプリを利用することで個人データや活動データ、位置情報を共有することができます。また、Nabu には 32 × 32 ピクセルの Public Icon Screen と 123 × 32 ピクセルの Private Message Screen の 2 つの OLED パネルを搭載しているところも特徴と言えます。表のパネルにはアイコンだけを表示し、内側のパネルに発信元やメッセージなどのプライベートな情報を表示するという仕組みです。Source : Razer


(juggly.cn)記事関連リンク
HTCの次期フラッグシップ「M9」の噂のスペック、5.5インチ2KディスプレイやSnapdragno 805などを搭載
Acer、トリプルSIMスマートフォン「Liquid E700」をカリブ地域で発売
Google、Sony Z Ultra GPEのAndroid 5.0アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP