ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白鵬 日本人からの目に余る露骨な差別に気落ちしたとの意見

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これまで、外国人力士が大相撲で親方になる場合は、日本国籍を取得してからで例外はない。元関脇・高見山や元横綱・武蔵丸は日本へ帰化し年寄を襲名して親方となっている。そして白鵬は日本人女性と結婚し、引退後は親方になりたいとの意向を明言してきた。日本人の心を大切にする白鵬ならば、これまでの事例からも「日本帰化」が既定路線と思われてきた。

 ところが最近では、白鵬は「モンゴル人のまま親方になる」ことにこだわるようになっているのだという。この心境の変化には周囲も首を傾げている。後援会幹部で湘南信用金庫理事会長の服部眞司氏は、「白鵬は変わってしまった」と嘆く。

「最近は懸賞金の受け取り方が雑で横綱の品格に欠ける。完全に土俵を割った力士にダメ押しする取組内容もいただけない。心配しています」(服部氏)

 今場所8日目、同じモンゴル人の前頭・照ノ富士との一番で、土俵下に降りた照ノ富士の背中をさらに強く押して「ダメ押し」をし、危うく近くの観客女性にぶつかりそうになった。

 服部氏とともに白鵬を可愛がってきた有力タニマチの1人、土佐清水病院院長の丹羽耕三氏はこう語る。

「大鵬の記録に並んで、自分が一番強いと少し天狗になっているところもあるのだろう。その一方で、偉大すぎて誰も助言できなくなっていることも彼の不幸なんだ。今では師匠の宮城野親方(元前頭・竹葉山)のいうこともあまり聞かないと聞く。確かに元前頭の親方ではコントロールできないレベルになってしまった」

 白鵬の心変わりの理由として、周囲の「雑音」の影響を指摘する声は多い。

「きっかけは今夏場所千秋楽での日馬富士との結びの一番。白鵬が負ければ星1つの差で並ぶ稀勢の里に優勝の可能性が出るため、ファンから日馬富士コールが沸き起こった。昨年の九州場所で稀勢の里に敗れた時もファンから万歳コールを浴びせられている。目に余る日本人からの露骨な“差別”に相当気落ちしたようです」(相撲担当記者)

 関係が良好だった報道陣との不協和音も聞こえる。

「今夏には後援会に公表する前に、夫人の懐妊がスポーツ紙に報じられたことがあった。白鵬からすれば承服しかねる行き違いが重なった結果、囲み取材でも記者を睨み付けて質問を打ち切るようになった。それを快く思わず、取材後に舌を出す記者もいるなど、ピリピリした空気が漂っている」(前出の記者)

 応援してくれていると思っていた日本人のファン、信頼していた記者の“裏切り”に遭ったことが、白鵬の心を閉ざしたのか。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
白鵬「天皇陛下に感謝」発言に隠れた「帰化せず親方」の決意
旭天鵬優勝パレード旗手務めた白鵬に協会幹部が激怒した理由
白鵬の「ダメ押し」 翌日対戦の逸ノ城への威嚇だったとの見方

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP