ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大ブーム家系図 実家の古文書読み解き鎌倉まで遡った強者も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「実家の片づけ問題」や、来年の相続税改正を控え、「親子関係」や家についてメディアで取り上げられる機会が増えている。そんな中、「自分のルーツを知りたい」と人気を集めているものがあるという。

 * * *
 流行の家系図作成。自分のルーツを探ることは自ら行うことも可能。もっとも手軽で有効な手段が戸籍の取得だ。申請者が直系尊属(父母、祖父母、曾祖父母など直系の血族)についてならば、1886年改正の「明治19年式戸籍」まで遡って取得できる。

「明治期の戸籍を取得すると通常は4代以上、江戸末期のご先祖くらいまで遡れます。自分でやっても意外と簡単で費用も安いですよ」(山崎氏)
 
 これらの情報を元に家族や祖先の名を順番に並べ、ネット上で家系図を作れる「ネットde家系図」などのサイトを利用すれば、簡単に家系図が完成する。中には、実家に伝わる古文書を読み解き、鎌倉時代まで遡った強者もいるという。
 
 完成した家系図は親族間のコミュニケーションツールにもなると言うのは、日本家系図学会の岩本卓也理事だ。

「法事などで多くの親戚が集まった時、お互いの関係性がわからないことがある。そこに家系図があると、『この人は●●だ』と大いに盛り上がって、普段は疎遠な親戚とも楽しく触れ合えます」
 
 実際に30代~40代の若い世代は親の死後、交流の少ない親戚のデータベース用に家系図を作る例が多いという。

※SAPIO2014年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
家系図作成代行 一番人気は11万7720円の正絹和綴じ製本
「鬼怒鳴門」で注目 帰化する際の日本名はどこまでOK?
お墓をリフォームすれば「ご先祖様も喜ぶはず」と墓専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP