ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤江珠緒アナ ラジオでの天然ぶりで「ポンコツ工場長」と話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 赤江珠緒(39才)と言えば、司会を務める朝の情報番組『情報満載ライブショー モーニングバード!』(テレビ朝日系)で人気のフリーアナウンサーだ。穏やかで歯切れの良い語り口、そして親しみやすいキャラクターで、同じく司会の羽鳥慎一アナとともに、日本の朝に爽やかな風を届けている。

 だがそんな赤江アナも午後1時になると、イメージがいささか違ってくる。TBSラジオで放送されている生ワイド番組『たまむすび』のメインパーソナリティーとして約2年半、言い間違い、勘違い発言を連発し、日替わりのパートナーにつっこまれまくり。最近では次から次へとミスを生産していくことから、何と番組内で「ポンコツ工場長」というありがたくないアダ名まで拝命しているのだ。

 例えば、業界人ならまず間違えなさそうな勘違い発言も飛び出す。ある放送回で刑事ドラマで刑事が着るトレンチコートの話題になり、コロンボ、金田一耕助と往年の名刑事・名探偵の名が挙がった。その時赤江アナ、1人の人物の名を思い出し、こう言った。

「そうそう、銭形平次とかもね…」

 その日の日替わりパートナーは博多大吉。「赤江さん、それ平次じゃなくて、銭形警部です。銭形平次がトレンチコート着てたら、ただのタイムトラベラーですよ」とうまくツッコんでいた。

 そんな勘違いのみならず、イージーな言い間違いも数知れず。例を挙げれば「コーナー」を「コンナー」と言ったり、鼻呼吸を「はなこくう」、さらには放送しているラジオ局の名前まで「ティービーラー……TBSラジアン」と噛んでしまうという致命的なミスまで。彼女は母親に幼少時代、「何事も注意散漫で左脳と右脳のバランスがおかしい」と言われたそうだが、あながちこの母堂の一見手厳しい指摘も正しいのではないかとさえ思ってしまう。

 原稿にないフリートークでも噛んでしまう。この10月、遅い夏休みを取り、北海道旅行に行ったそうだが、1週間ぶりに出演した際、こう話を始めた。

「旅したときの思い出話を今日はちょっとさせていただこうと思って。ちゃんと良い話、準備してきましたよ。では、プレゼンテーショーンさせていただきます……」と、プレゼンテーションの出だしでつまづく始末。

『たまむすび』をよく聞くという記者は語る。

「公開生放送でマイクを持つのも忘れて喋りはじめ、『音が入っていない』とツッコまれたり、メロディも知らないCMソングに勝手にメロディをつけて歌い始めたり、カレーに入れて煮込む玉ねぎの色を『亜麻色の玉ねぎ』と言ってみたり(正しくは「あめ色」)、赤江さんのポンコツぶりは枚挙にいとまがない。

 また現在放送中の朝の連続テレビ小説『マッサン』(NHK)のヒロイン、エリーのモノマネも、よくやれるなというくらいひどいもんです。でもそのたびに日替わりのパートナーがやさしくつっこんでくれて笑いが起きる。アナウンサーは技術より人柄ということを、赤江さんを見ていて痛感します」

 ちなみに日替わりのパートナーは月曜がカンニング竹山、火曜は南海キャンディーズ山里亮太、水曜が博多大吉、木曜がピエール瀧、金曜が玉袋筋太郎となっている。今や彼女のミスや失言をするたびに、ツイッターでは「笑いの炎上」が巻き起こり、1週間分の失態をリスナーがほじくり返すというコーナーまで生まれている。『モーニングバード!』ではなかなか見せない赤江珠緒の「バカかわいい」素顔、あなたも恐る恐る覗いてみては?


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
赤江珠緒アナ 伊集院光が面白さを見出しラジオMC抜擢された
女子アナ人気投票 ベテラン安藤優子が夏目三久を抑えて健在
実力派女子アナ揃いのテレ朝で「ヤバイ!」存在の赤江珠緒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。