ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年末ジャンボ 21世紀以降のデータからオススメの番号を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「年末ジャンボ宝くじ」が発売中だ(12月19日まで)。1等と前後賞を合わせた金額が昨年と同じくジャンボ宝くじ史上最高額の7億円、そして3等100万円の当せん確率が昨年より3倍以上も上がっていることが大きな魅力だ。

 そこで、21世紀に入ってから抽せんされた年末ジャンボの当せん番号を基に、1等と100万円の狙い目を出してみた。

 まず、1等の組に注目してみる。すると「12組」や「32組」のように、十の位と一の位の数字が連続している場合、翌年は「十の位も一の位も偶数で、そのどちらかは必ず4」となっている。

 昨年の1等は「23組」だったため、今年は「4の入った偶数の組」が来るかもしれない。そして100万円については、6ケタの番号で「14万番台」が最も多く出現している。

 2014年の締めくくりは「4の組」と「14万」で、「4あわせ」、転じて「幸せ」を手に入れられる!?

※女性セブン2014年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年末ジャンボ宝くじ 十の位と一の位の合計6の組が狙い目か
秋ジャンボ「組の十の位と一の位の和=7」がデータ上当たる
1等5億円宝くじ 3等賞金は昨年の10倍、4等は20倍に増

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP