ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子育て世代の主婦が本当に必要なLINEスタンプについて調査開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌のオリジナルスタンプを作成するため、女性セブンスタンプ班(JSSH)は作戦会議を行い、ターゲットを子育て世代にすると決定した。では、実際にママさんたちは、どんなスタンプを欲しているのか!? 今回は、LINEユーザーの主婦たちに、欲しいスタンプをリサーチすることに。

 まずは、3才の女の子と生後8か月の男の子がいる愛知県在住のSさん(主婦・33才)に聞いた。

「育児に悩んだときや失敗したとき、先輩ママ友にLINEで相談しています。ただ、彼女たちは学生時代の友達とは違うので、“相談にのって”というような砕けた言葉より、“相談にのってもらえますか?”のような、丁寧な言葉のほうが使いやすい。そういうのがあるといいのですが」(Sさん)

 京都府在住のMさん(自営業・50才)は、大学生の娘とのやりとりをLINEで行うと言う。

「娘は学校帰りにスーパーによって夕食の材料を買ってきてくれるんですが、“にんじん必要?”とか“お肉は何グラムいる?”とLINEで聞いてきます。そんなとき便利なスタンプがあると、楽しいのかもしれませんね」(Mさん)

 神奈川県在住のNさん(主婦・49才)はシンプルなものがいいと言う。

「高校生の娘は、スタンプだけで友達同士の会話を成立させているみたいです。私はどうやってスタンプを選んでいいかわからない。メッセージがついたスタンプもいいのですが、ハートだけとかにっこり笑っているだけとか、絵文字感覚で使えるものが多いと、楽。文字が入りすぎるのも、また、探すのが面倒なんです」(Nさん)

 ママ友や家族のほか、共通の趣味を持った仲間と使いたいと言うのは北海道在住のHさん(主婦・44才)。

「私は食べ歩きが大好きで、いいお店を見つけたとき、グルメ仲間に“いい店発見”とLINEで情報を送ります。その時、“今度、行こうよ”“いつにする?”など、約束をする場合に使えるものがあると便利ですね。キャラは食べ物を擬人化したものもいいかも」(Hさん)

 埼玉県在住のUさん(主婦・30才)は、夫婦仲を円満にするスタンプがあれば便利と提案する。

「夫婦間はフランクなもののほうが、コミュニケーションが円滑になると思います。夫は仕事帰りに同僚と飲んでくることが多いんですが、そんなとき、“また飲み会?”だと、冷たく怒っているような気がするんです。でも、かわいい動物キャラのスタンプが付いていれば、本気で怒っていないこともわかるし、夫へ気持ちも伝えられる。本気で怒っているときはスタンプなんて送りませんからね(笑い)。家庭円満になるようなスタンプがあれば買いますよ」(Uさん)

 欲しいスタンプは十人十色。だが、やはり、それぞれの家族とママ友同士では使い分けているようだ。必要なシチュエーションが見えてきたところで、次はキャラ開発に乗り出さねば…。

※女性セブン2014年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
LINE 人気理由は「スタンプ可愛いからでしょ」と運営社社員
LINEスタンプ1か月売上3億円突破 1日6万DLされている計算
LINE使って国際ナンパする30代男性「通訳機能使えば簡単」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP