ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仏像窃盗団に韓国寺の住職 背後に韓国仏教界の存在疑われる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 対馬列島(長崎県)の中央に位置する美津島にある梅林寺は、6世紀、朝鮮半島からもたらされた最初の仏像を仮置きするために建立された日本最古の寺として知られている。その寺に11月24日正午頃、半島から招かれざる“参拝者”がやってきた。

 市指定文化財の仏像「誕生仏」や経典を奪ったとして5人が逮捕された韓国人「仏像窃盗団」である。梅林寺住職の妻がいう。

「対馬では以前にも仏像の窃盗事件があって警戒していたので、宝物庫は防犯ガラスや鉄の扉にし、厳重に鍵をかけて保管していた。それなのに窃盗団は強引に扉の取っ手を叩き壊した。お寺も住宅も被害がなかったので、最初から宝物目当てだったのでしょう。しかも、住職の留守を狙っている。用意周到に下見を繰り返していたのだと思います」

 対馬では2年前にも海神神社の「銅造如来立像」と観音寺の「観世音菩薩坐像」が韓国人によって盗まれる事件が起きた。

 すでに窃盗団は本国で逮捕されているが、韓国政府は対馬に仏像を返還していない。韓国仏教界が「仏像は倭寇に略奪された」などと主張しているからだが、それは歴史的事実をまったく無視した主張だ。

 国内にある朝鮮半島由来の仏像は、李氏朝鮮(14世紀から20世紀初頭)時代に仏教が迫害され、仏像が破壊される危機にあったため日本に持ち込まれ、保護したというのが歴史の真実である。作元義文・対馬市議がこう語る。

「盗難対策として文化財を警備の厳しい博物館に移す計画があります。ですが、もともと仏像は島民の身近な場所に祀っていたものなのでなかなか実現しません」

 今回の窃盗団メンバーには韓国の寺の住職も含まれていたことから、背後に韓国仏教界の存在も疑われる。

 実に罰当たりな者たちである。「泥棒国家」といわれたくなければ、韓国政府は徹底的に捜査すべきだ。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
盗難美術品を返還拒否の韓国 窃盗犯を英雄視する動きも出る
韓国反日事例 南大門復元失敗は日本のせい、盗難仏像返すな
中国の警察官「腐敗官僚」の誹り避けるため窃盗被害誤魔化す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP