ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪の商店街 精肉店のポスターに女性のバストのアップ写真

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「景気は回復している」とうそぶく安倍晋三首相を尻目に、ナニワの商店街が地元を活性化させようとユニークな試みを進めている。

 合い言葉は「買わんでええから見にきてや」。シャッター商店街となりつつある大阪市の新世界市場、文の里商店街、兵庫・伊丹西台地区の商店街にずらりと並ぶのは、笑ってなんぼな「ポスター芸」の数々である。関西のクリエイターらの協力を得て始めた試みは見事に的中し、客足を取り戻しているという。

 たとえば、文の里商店街の精肉店のポスター。女性のバストや太もものアップ写真に「いいムネあります。」「いいモモあります。」のコピーがつく。その他、新世界市場の和菓子店のポスターは、店主が両手を広げて「これぐらいのおはぎ作りたい。」、伊丹西台・商店街の喫茶店のポスターは、水着美女が浜辺で珈琲(紅茶?)を持ちながら笑顔を浮かべ「ずるいぞ、ビール。」……。

 ナニワ商人の笑いのセンスと努力を、センセイ方もぜひ見習ってください。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
各地のレトロ商店街やキャラクター商店街失敗例を検証した本
大阪では円広志、板東英二、トミーズ雅のサインある店が美味
買い物難民の現状や買物支援、各地の取り組み等を紹介した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。