ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

USB

DATE:
  • ガジェット通信を≫

USBとは、Universal Serial Bus(ユニバーサル・シリアル・バス)の略で、コンピューターと周辺機器を接続する規格の1つ。単に「USB」と呼ぶ場合、USBメモリーやパソコンに備えられた差込口のことを指す人もいるが、正確には規格名称だ。「USBメモリー」であれば、「USB規格でコンピューターと接続できる記憶媒体」を意味している。

USBの歴史は比較的長く、最初に制定された「USB1.0」は1996年に仕様書が発表された。同仕様は、転送速度が毎秒12Mbpsと遅いため普及が見られなかったものの、USB2.0では毎秒480Mbpsにスピードアップ。この頃から取り扱いの容易さも注目され、記憶媒体や外付けハードディスクなど、USBを用いた接続が一般的となった。

なお、最新のUSB規格は2009年10月に発表された「USB3.0」。転送速度は毎秒5Gbpsと、メガクラスからギガクラスへ大幅なスピードアップが実現されている。最新機器にはUSB3.0規格の端子を実装している場合が多く、また端子内部のプラスチックが青くなっていることが3.0の特徴なので、パソコン、周辺機器を買い換える際には、この点にも注目していただきたい。

かつてUSB規格は、コンパック、ヒューレット・パッカード(後に、コンパックを吸収合併)、NEC、ルーセント・テクノロジー、マイクロソフト、フィリップスといったパソコン、ソフトウェア、半導体のメーカーが協議し、仕様書が作られていた。しかし、USB3.0からは、各メーカーが共同して立ち上げたNPO「USB-IF」によって、策定されている。

関連記事リンク(外部サイト)

伸びたり曲がったり! エルゴノミクス採用マウスが便利すぎる
小脇に抱える封筒の中にMacBook Proとかかっこよすぎる
データを保存できる次世代の名刺 USB付き名刺「swivelCard(スウィベルカード)」

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。