ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

誰も知らない幻の『バイオハザード』を知っているか!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「俺は『バイオハザード』を全作プレイしているぜ! もちろんゲーセン版もね!」というディープな『バイオハザード』マニアは多数いるだろうが、そんなファンでさえプレイしたことがないであろう、幻の『バイオハザード』があるのをご存じだろうか?

日本で発売されている『バイオハザード』シリーズは海外で『Resident Evil』として発売され、そのほとんどがローカライズされただけで発売されている。つまり、タイトルと言語が違うだけで、日本も海外もユーザーは同じ恐怖を体験しているわけだ。

しかし、日本で未発売の『バイオハザード』があるのをご存じだろうか? それこそが、幻の『バイオハザード』であり、タイトルを『Resident Evil2』という。「えっ?『バイオハザード2』なら日本にもあるヨ!」とお思いのことだろう。しかし、その『Resident Evil2』は日本で未発売のゲームハードで発売され、日本ではほとんど流通していない作品なのである。しかも、欧米でも所有者が限りなく少ない!

そのゲームハードとは GAME.COM という携帯型ゲーム機で、形状は初期型ゲームボーイアドバンスにそっくり。欧米で発売されたものの、まったく売れずに撃沈。しかし、タッチスクリーンを採用するなど、1997年当時は画期的なシステムを導入したゲームハードだった。せっかく『Resident Evil2』を出したのに、あまり日の目を見なかったようである。

もし、『バイオハザード5』のPS3版とXbox360版の両方を購入してプレイするというほどの『バイオハザード』マニアであれば、ぜひとも GAME.COM版の『Resident Evil2』も入手しておきたいところだ(このニュースの元記事はこちら)。
 
イラスト: ピョコタン
 
 
こんなゲームに関する記事もあります
あの店でPS3が10,000円引きの29,800円! ただし!?
【ゲーム雑誌の秘密】ゲームの記事でいちばん大変な仕事は〇〇〇!
【ポケモンセンターに聞きました】ポケモンがカワイソウなので闘わないでほしい
パソコン版『ラストレムナント』体験版プレイレビュー【編集部責任編集】

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。