ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小沢一郎氏 野党統一戦線実現なら手挙げた者が総理になれた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 解散・総選挙が決まっていち早く野党統一戦線作りに乗り出したのが小沢一郎氏だ。小沢氏は「現政権の批判の受け皿をつくらないと日本の民主主義はほんとうに危うくなる」と危機感をあらわにする。ジャーナリストの武冨薫氏が小沢氏を直撃した。

──自民党も退潮する中で選挙に打って出たのかもしれないが、一方で野党の統一戦線も実現したとまではいえない。

小沢:もう一歩の決断だった。そうすれば、決断した人が総理になっていただろうね。絶対勝ったと思う。

 統一戦線ができなかったから候補者調整をやっていますよね。それはもちろん必要なことでしょう。だけれども、野党全党が推薦する一人の候補者が立つならいいが、選挙区ごとに違う党の人が立つのでは有権者の受け取り方は違う。ある党に入れたからって政権が代わらないと思われてしまう。候補者調整はしたほうがいいけれども、十分な効果を発揮するかどうかはわからない。

──生活の党の現職議員に、「政治生活を続けるために一番いいと思う方向に進め」と、離党を認めた。党にとっては捨て身の戦術だった。

小沢:野党がみんな政党の枠を取っ払えばいい。そうすれば「一つの傘」の下で動くことができた。だから僕は所属議員全員に、どこでも生き延びるところに行けといったんです。

──しかし、野党第一党の民主党は政党の枠を取り払うところまではしなかった。

小沢:自分を捨てないと、できることではないですね。党でも個人でも。自分の殻に固執したのでは、大同団結は絶対できない。

──維新も同じだった?

小沢:いや、維新はそうでもない。維新は「この指とまれ」で、誰かが旗を掲げるなら全員参加するっていったの。民主党の中にも、そうなったら(新党に)行こうという人はいる。

──それなのに統一戦線ができなかったのはなぜか。

小沢:前原(誠司)君や細野(豪志)君など若い人たちが、最終的に決起できなかったんですね。

──労組の支援を考えたからか、それとも飛び出すのが怖かったからか?

小沢:既成の枠組みから出るのはリスクを伴うから、自分を捨てなきゃできないんです。今回は大同団結する絶好のチャンスだと思った。僕がもっと若くて清新だったら何かできたかもしれないんだけれど(笑い)。

──あなた自身は、自分を捨てる覚悟ができていた?

小沢:僕は地位も何もいらないと。自由党が民主党と合併したときだって、僕は何も要求していない。

──民主党内には、「小沢抜き」で大同団結をやろうという意見もあった。

小沢:僕がどうかっていうのは問題じゃない。「新しい一つの傘」で大同団結するときに、ほかの人たちが「小沢が嫌だ」っていうなら、俺は無所属でいい、一人でいいんです。

 ところが、民主党はそうじゃない。来たい奴は「民主党の枠」に入れてやってもいいけれど、小沢だけは駄目っていう話だけなのよ。

 だけれども、「民主党」という傘では国民の支持を得られない。一度失敗して「破れ傘」になっちゃったわけだから、新しい傘を用意することが必要なんです。

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
民主党議員 小沢一郎支持を地元で説明できぬジレンマあった
小沢一郎氏の「政治とカネ」問題 菅総理も似たことやってた
自民党幹部「小沢氏無罪で党資金200億円握れば選挙大惨敗」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP