ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スクエニ、クラウドゲームサービス「DIVE IN」1を2月3日に正式開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スクウェア・エニックスは 12 月 1 日、当初は 10 月に予定していたスマートフォン・タブレット向けゲームストリーミングサービス「DIVE IN」の正式開始日を 12 月 3 日に決定しました。DIVE IN は、G クラスタの技術を利用して、ゲームの処理をクラウドサーバ上で行い、クライアント端末にプレイ映像をストリーミング配信します。同社は提供予定のタイトルも発表しました。『FINAL FANTASY VII International』『FINAL FANTASY XIII』『Season OF Mystery:The Cherry Blossom Murders』『FINAL FANTASY VIII』:12 月 11 日『THE LAST REMNANT』 :12 月 11 日『FINAL FANTASY XIII-2』 :12 月 11 日DIVE IN は専用アプリ「DIVE INビューワ」(Android / iOS)をインストールすることで利用できるようになります。ゲームの利用料金は期間ごとの「ゲームプレイ権」によって異なります。ゲームプレイ権のラインアップは、3 日間利用料 150 ~ 250 円+税、10 日間利用料 300 ~ 510 円+税、30 日間利用料 800 ~ 1,250 円+税、365 日間利用料 1,185 ~ 1,800 円+税。全タイトル 30 分間は無料で試せます。「DIVE IN」(Googel Play ストア)Source : スクウェア・エニックス


(juggly.cn)記事関連リンク
4.6インチフルHDのMeizu K52はMeizu MX4の小型版?
Galaxyスマートフォンのテーマ機能に関する新しい写真が流出
NTTドコモが「下取りプログラム」を期間限定で開始、iPhoneやiPad、Androidスマートフォン・タブレット、フィーチャーフォンが最大28,080円で下取り

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。