体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SEBASTIAN X、ネクストステップが見える東京キネマ倶楽部ワンマン大成功

SEBASTIAN X、ネクストステップが見える東京キネマ倶楽部ワンマン大成功

SEBASTIAN Xが、メジャー1stミニ・アルバム「イェーイ」のレコ発ツアー・ファイナルとなるワンマン・ライブを、11月28日に東京キネマ倶楽部で開催した。会場には、バンドのメジャー・デビューを祝おうと多くの人が駆けつけ、終始ハッピーな空気に包まれたライブとなった。

場内が暗転し、登場SEはお馴染みのテンプテーションズ「My Girl」と思いきや、、SEは途中で急展開を見せ、アルバム「イェーイ」に収録されているWienners玉屋2060%による「イェーイ」高速リミックスにMIX。会場内がざわめく中まずは飯田裕(Ba)が颯爽とステージに現れ大きくジャンプ、両手をあげて客席の歓声に応えた。続いて沖山良太(Dr)、工藤歩里(Key)も登場しイントロを3人で奏でる。それにあわせて客席は手拍子。すると一段高いステージに眩しい黄色のドレスに身を包んだ永原真夏(Vo)が「みんな元気ー?」と笑顔で登場、「ROSE GARDEN,BABY BLUE」からライブはスタートした。

永原がステージ中央の定位置に戻ると、「サディスティック・カシオペア」「光のたてがみ」などアップテンポの曲を立て続けに披露し早くも場内を熱狂させた。「持ち曲の中で一番「イェーイ!」という回数が多い」という「MICDISCOVERY」では、メンバーと客席が一体となってコール。「みんな歌ってくれるー?」という呼びかけからはじまった「ツアー・スターピープル」では、オーディエンスの歌声が響いた。

ここで永原が「ただいま東京!SEBASTIAN Xです!!」とあいさつ。「先月メジャーデビューしました!」と告げると、客席から大きな拍手が贈られた。また、この日はステージの天井から多くの花が吊るされており、それはツアー各地で購入したものであることが明かされた。ライヴは中盤に入り、彼らの中では珍しい少しダークなアレンジの「ぼくはおばけさ」や、飼い猫のことを歌った「日向の国のユカ」、永原の振り絞るような歌唱が印象的なミディアムテンポの「若き日々よ」など、バンドの幅広い世界観を観せた。

沖山が軽快なリズムを刻むと、ここで小池隼人(トロンボーン)、amagon(トランペット)、永田こーせー(サックス)によるスペシャル・ホーン隊「オーライブラス」が登場。ここからしばらくは、彼らを含めたこのライブだけの特別編成で演奏された。ゴージャスなアレンジに生まれ変わった「世界の果てまで連れてって!!」では、飯田がホーン隊と向き合って演奏したり、隣に並んで演奏したりと、メンバーも楽しんでいる様子。バラードの「ハムレット」では、永原が再び上段のステージに上がり、スポットライトに照らされながら椅子に座って歌う。工藤の美しい鍵盤と、ブルージーなホーンの音色がしっとりとしたムードを演出した。

永原が「私、なにしに来たと思う?たったひとつ、遊びに来たんだよ!」と言い放つと、再びライブは勢いを増していく。ミラーボールがまわる中で演奏された「ヒバリオペラ」では、その場でお客さんやメンバーに内容を募ってこの日限定のコールアンドレスポンス。「スーダラ節」では、酔っぱらい風の永原が工藤やホーン隊に歌いながら絡み、飯田は突然取り出した一升瓶を豪快に直飲み。場内はお祭りムードに包まれた。オーライブラスの参加はここまで。再び4人でメジャーデビュー作の表題曲「イェーイ」を力強く演奏。曲中に金色の紙吹雪が舞い落ち、ハッピーな空気で本編は終了した。

アンコールに応えて、メンバーがステージに戻ると、永原が話しはじめる。「メジャーデビュー作「イェーイ」をリリースしてまだ1ヶ月しか経っていませんが、いろんな気持ちがあります。それを今日は歌に込めて、こうしてみなさんに聴いていただけてうれしかったです」と感謝の気持ちを伝える。そして「私たち、もうすでに新作を作りました!」と、来年の2月11日に早くもメジャー2作目のミニ・アルバム「こころ」をリリースすることを発表。さらにその新作を携え、4月15日に渋谷区文化総合センター大和田・さくらホールで初のホール・ワンマン・ライブを行うことを発表すると、客席から喜びの歓声があがった。続けてその新作の表題曲「こころ」を演奏。自分自身に問いかけるような歌詞と美しいメロディ、まっすぐで疾走感のあるサビが印象的な、バンドの新たな側面を感じる曲だ。2度目のアンコールで演奏した「DNA」では、永原が観客ひとりひとりに届けるようにエモーショナルな歌を聴かせ、観客も精一杯ステージに手を伸ばして応えた。最後に永原が「みんな大好きだよ!バイバイ!!」とあいさつすると、約2時間半の大ボリュームなライブは幕を降ろした。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。