ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MISIA「Candle Night at OKINAWA」開催、ライトアップとキャンドルが神秘的な世界を演出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

11月29日、沖縄県にある世界遺産「中城城跡」に、目を疑うような美しい光景が出現した。

ライトアップされた城壁の前には無数のキャンドルが置かれ、さらに、会場を埋め尽くす4,000人の観客が手に持つキャンドルにも火が灯っている。そこに登場したのは白い衣装に身を包んだMISIA。”第25回世界遺産劇場 –沖縄 中城城跡- 「Misia Candle Night at OKINAWA」”が、開催されたのだ。

チケットが即日ソールドアウトしただけあり、ライブ前から会場全体が既にライヴへの期待感で満ち溢れている。観客へは、入場時に一人一人に手持ちの色とりどりのキャンドルが配られた。直前まで降っていた雨も、まるでMISIAの登場に合わせたかのように止み、日が落ちるタイミングでライヴがスタートした。

無数のキャンドルで彩られた特設ステージの後ろには、おごそかにライトアップされた世界遺産である中城城跡の城壁がそびえ立つ。世界遺産ならではの神聖な存在感は示しつつも、まるで、このキャンドルナイト公演のために作られたセットのごとく、特設ステージ・会場と見事に融合している。そして、そこに響き渡るMISIAの力強くも温かい歌声で、会場は一気に神秘的な世界へと変貌した。

セットリストは、昨年から今年にかけてシングルとしてリリースされた話題の楽曲『幸せをフォーエバー』『僕はペガサス 君はポラリス』などを含む、アルバム「NEW MORNING」の楽曲を中心にしつつ、「BELIEVE」「Everything」「眠れぬ夜は君のせい」などの往年のMISIAの代表曲、「飛び方を忘れた小さな鳥」や「果てなく続くストーリー」などのファン人気の高いバラードをまじえて構成されており、《一人一人が大切なものに想いを馳せる》事をコンセプトにしている「Misia Candle Night」ならではのモノとなっていた。そして、アンコールラストは「Misia Candle Night」のために、今年書き下ろした新曲「Candle Of Life」を披露。

観客一人一人の大切なものへの想いをのせ、吹き消す時に願いが叶うと言われているキャンドルの灯を、MISIAと共に会場全体で一斉に吹き消すパフォーマンスでライヴは幕を閉じた。

MISIAの卓越したヴォーカルパフォーマンスが観る者の五感を刺激し、世界遺産-中城城跡-が持つ年月を重ねた悠久の美しさが交わって、会場に訪れた4,000人の観客にとって、「人」「自然」そして「文化」の多様性の持つかけがえのない価値を再認識できる最高の空間と、スペシャルな時間となったことは間違いないだろう。キャンドルのように温かい灯が、会場にいる観客の心に灯った、MISIAならではのライヴとなった。

関連リンク

MISIA オフィシャルサイトhttp://www.misia.jp/
MISIAオフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/channel/UCzPBIyFM_VyXgG9At-1Il4Q
■Misia Candle Night 特設サイトhttp://www.misia.jp/candlenight2014/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP