ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホのスクリーンをスキャンして印刷するポータブルプリンター「SnapJet」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、スマートフォンをポラロイドカメラに変身させるケースPryntを取り上げたばかりだが、今回紹介するのは、スマホのスクリーンを読み取って印刷するポータブルプリンター「SnapJet」。スマホで撮ってその場でスナップ写真にすることができる。

スマホ画面をスキャン

ポータブルプリンターというもの自体は珍しくないが、SnapJetの特徴はスマホと連携させずに使える点。専用のアプリを立ち上げて−という必要もない。

というのも、SnapJetはスマホのスクリーンをスキャンして使う。操作は至ってシンプルで、プリントしたい写真をスマホのスクリーンに表示し、そのスクリーンをSnapJetの上に置いて読み取らせる。すると、SnapJetにセットされた用紙に印刷されて出てくる。

高精細画面ほど美しい仕上がり

SnapJetの走査解像度は1200dpi。端末を選ばず利用できるが、iPhoneのretinaディスプレイのように高精細のスクリーンであればあるほど、写真も美しくプリントされる。

使用する用紙は、市販されている富士フィルムのinstaxかPolaroid 300なので、補充しながら繰り返し使える。

世界中どこにでも発送

現在、資金調達サイトKickstarterでキャンペーンを展開中(12月20日まで)で、最安値タイプはすでに“完売”。現在、129ドルの出資で入手でき、世界中どこにでも発送してくれる。

友人らと写真を撮ってSNSなどでシェアするのもいいが、直接プリント写真を手渡されるのもうれしいもの。パーティーなどのイベントで活躍しそうだ。

SnapJet/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP