ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道産の毛蟹1杯と1本分の大根が入った老舗料理店の絶品鍋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年も残すところ1か月を切り、忘年会シーズンが始まった。仕事仲間や家族、大切な人と囲みたいちょっとリッチな「ぜいたく鍋」としてここで紹介するのが、牧野(東京・台東区)の「毛ガニ大根鍋」(2万520円。4~5人前)だ。

 北海道産の毛蟹1杯と短冊切りにした1本分の大根が入る、老舗ふぐ料理店の名物鍋。白味噌仕立てのスープは鷹の爪入りでピリッと辛く、蟹味噌と最後に入れるバターがコクを加える。蟹の身もさることながら、その旨味を吸って柔らかくなった大根が驚くほど旨い。シメの雑炊には9~12月の期間限定でイクラがのる。

◆牧野
【住所】東京都台東区松が谷3-8-1
【営業時間】17~22時 ※要予約
【定休日】木(10月中旬~2月は無休)7月中旬~9月上旬は休み

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2014年12月12日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「冷めても美味だった」で完成 鶏の旨み凝縮冷やしタンメン
風邪や季節の変わり目に喉をケア 「大根はちみつ」の作り方
台東区は女性100人に男性110人、目黒区は88人で女あふれる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP