ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫のバカ道楽で自宅リビングに線路 噂聞き近所の子供集まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 若かりし頃に憧れを抱いた趣味にお金と時間を費やし没頭する中高年夫が増加している。それに振り回される妻たちの心の叫びをお届けしよう。神奈川県在住の主婦・寺田直子さん(仮名・55才)の自宅リビングには、なぜか「線路」が敷いてある。

「夫(53才)の趣味の鉄道模型です。最初は小さな鉄道を並べて喜んでいましたが、次第に線路を作って電車を走らせたいという“鉄魂”に火がついたみたい。しかも線路だけでなく、ベニヤや発泡スチロールでジオラマまで作り始めたんです」(直子さん)

 当初は夫の書斎に収まっていた線路とジオラマは徐々に拡大しリビングにはみ出した。現在はリビングに隣接する和室のふすまを取り払うまで巨大化している。

「夫にとってご自慢の作品で、休みの度に友人が見学に来ます。噂を聞きつけた近所の小学生までこぞって集まるようになり、『ウチは鉄道喫茶か!』って感じ。

 しかも収納できずに常時置きっぱなしなので掃除が大変です。模型に触らないよう無理に体を動かして掃除するので、ぎっくり腰になりました」(直子さん)

※女性セブン2014年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「復旧時間差の理由」等震災を機に鉄道のあり方を問う書登場
地図とともに日本各地の鉄道を紹介し地形や路線の歴史綴る本
フィギュアをゴミに出された夫「燃えるじゃなく『萌える』」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP