ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安藤裕子、新春NHKドラマ「全力離婚相談」主題歌を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

安藤裕子が来年1月6日からスタートする真矢みき、舘ひろし出演のNHKドラマ10「全力離婚相談」の主題歌を担当する事が発表された。

「超ハデ婚」で知られる名古屋を舞台に、誰もが経験する可能性のある“離婚問題”を通じて、いまの日本の夫婦の姿と現実をリアルに描くこのドラマ、主人公の敏腕弁護士を真矢みきが、主人公に心を寄せる弁護士事務所の所長を舘ひろしが演じる。

主題歌は、「人魚姫」というタイトルで、脚本を読んだ安藤がこのドラマのために書下ろした新曲。同世代の女性の多くが、日々の生活の中で考えている気持ちが緩やかに描かれており、聴き終わった後にほろりとさせられるアコースティックバラード。既に披露されたいくつかのライブ会場では、曲を聴いて涙する女性の姿も多数見られた。

来年1月28日には、この曲も収録される8枚目のアルバムをリリースされる事が既に発表されている。アルバムにはこの曲をはじめ、心を揺さぶる美しいバラードや、松田聖子へのオマージュとして制作された楽曲、オールドスクールなダンスチューンなど、幅広い音楽性の楽曲が収録されているということだ。

なお「人魚姫」は、CDアルバムと同じく1月28日に配信リリースされる。

真矢みき コメント
この曲は、
主人公、美晴の世界であり、美晴を頼ってくださる相談者の心であり、どなたにもある、日常の出来事と出来事の間…
たとえば頬づえをついている瞬間のような。
すこし過去をふりかえり、また明日に夢をみて歩き出すまでのひとりでいる時間の無垢な思いに似て…。
だから、この唄は静寂の中からの皆さんへのララバイであり、明日への応援歌なのかもしれない。
流す涙は、海の中へ。
人魚姫のように、誰だって泣きながら自分の人生を精一杯生きてるのかも…。

主題歌「人魚姫」によせて
ドラマ10 NHK名古屋放送局制作部番組 チーフ・プロデューサー・青木信也 コメント

安藤裕子さんが歌う「人魚姫」は、全力で生きることに疲れた人たちをやさしく包みこんでくれます。「現実ってすごく重たいけど、今のあなたの暮らしって結構尊いものかも…」とさりげなく気付かせてくれたり、「でも、本当に疲れたときは、ひと休みしていいんだよ」とやんわり慰めてくれたり――。実際にさまざまな問題に悩み苦しんでいる人たちも、この曲を聴き終えたとき、きっと、少しだけ心が軽くなっているんじゃないかなと思います。
素敵な主題歌をありがとうございました。

リリース情報
アルバム「タイトル未定」
2015年1月28日(水)発売
CTCR-14840 3,000円+税

絵本付きシングル「クリスマスの恋人」
2014年11月26日タワーレコード限定発売
タワーレコード限定盤:本人書き下ろしクリスマス・ストーリー絵本20P付き

関連リンク

安藤裕子 オフィシャル-Andrew Page-http://www.ando-yuko.com/
安藤裕子 Twitter@YukoAndo_UCAD 
安藤裕子 Facebookhttps://www.facebook.com/YukoAndo.official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。