ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

筧千佐子容疑者登録の結婚相談所「とんでもない人が会員だった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 資産家の老人ばかりを狙った京都の連続不審死事件。昨年12月28日に亡くなった筧勇夫さん(享年75)を殺害したとして逮捕されたのは、“毒婦”筧千佐子容疑者(67才)だ。千佐子容疑者は、合計20以上の結婚相談所に会員登録していたといわれているが、『女性セブン』はその中でも、筧さんと千佐子容疑者を引き合わせた結婚相談所を特定した。

 奈良県にあるその結婚相談所を訪ねると、代表を務める女性が沈痛な面持ちでこう語り出した。

「まさか、彼女がそんなことする人だったなんて、今でも信じられないんです。プロフィール文には、『趣味は読書、ガーデニング、お料理です』とか、『お相手に合わせる思いやりの気持ちを持っています』とか書いていて、優しいかたにしか見えなかったので…。

 結婚歴についても、『20年間連れ添った夫を病気で亡くしました』とだけ書いてあって、バツイチだと言っていたので、まさか、あんなに何人もと結婚、死別を繰り返していたなんて知りませんでした」

 この結婚相談所は、入会金はなく、月会費が3000円。身分証があれば誰でも入会できる。入会すると、会員だけが閲覧できるサイトにアクセスできるようになり、会員の写真やプロフィール文を見て、会いたい人がいれば、対面希望を相談所に申し込むというシステムになっていた。

「昨年の6月に筧さんから、“千佐子さんに会いたい”という希望が来たんです。それで、仲人が一人ついた上で、京都市内でお見合いしました。

 その後どうするかは、もう、ふたりの自由なのでうちは関与できないんですが、昨年11月に、筧さんから“結婚します”という報告をいただいたので、私、12月末に、結婚祝いの夫婦茶碗を彼女に送ってるんですよ。

 そしたら、“夫はもう亡くなった”って電話がかかってくるじゃないですか。ビックリしましたよ。そこにきて今回の逮捕でしょう。とんでもない人が会員だったのかと思うと、もう怖くてしょうがないです…」(前出・結婚相談所代表)

※女性セブン2014年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
京都夫毒殺事件の容疑者の手口の酷似の直木賞作家の小説存在
京都夫毒殺容疑者 総額8億円相続も株で失敗し預貯金わずか
近畿男性連続不審死事件 容疑者女はED薬が死因と主張してた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP