ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

被災地訪問続く両陛下 ひと言も聞き漏らさぬよう補聴器使用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月20日には今年2月に記録的大雪で甚大な被害を受けた埼玉県深谷市、12月3日、4日に8月の土砂災害を受けた広島などの訪問を予定している天皇皇后両陛下。両陛下のお体に大変なご負担がかかっていることはいうまでもないが、このところ揃って補聴器を装着されているお姿をお見受けするようになった。

 前述の埼玉県ご訪問の折、両陛下はユリの球根を植える作業を視察されたが、陛下に声をかけられたユリ栽培農家の植竹好宏さん(45才)がこう話す。

「陛下からお言葉をかけていただいたときに気がついたんですが、陛下が両耳に補聴器をつけられていたんです」

 宮内庁関係者によれば、両陛下が補聴器を使われるようになったのは、1年半ほど前からだという。

「両陛下とも補聴器をお使いになっていることもあれば、おつけにならないでお出ましになるときもあります。その日のご体調を鑑みてお決めになっているのではないでしょうか。

 やはり、両陛下が聞きとれなかったような表情をされたり、“もう一度お話しして”などとおっしゃったら、その相手は、“声が小さかったのかな”とか“失礼な言葉を使ってしまったかな”と気にしてしまう可能性もありますから、そういう事態を避けるために、陛下のご意思で補聴器をお使いになる機会が増えられたのでしょう」(皇室記者)

 前述したユリ栽培農家では、美智子さまも補聴器をおつけになっていたが、両陛下が使用されているのは、国内の老舗メーカーのもの。ちなみに美智子さまが使用されている補聴器は、おおよそ価格は片耳で30万円。両耳で50万円くらいだという。

 慣れるまでは不快に感じることもあるが、聴力に応じて調整するなどして、自分の耳に合った状態にしていくことが重要だ。両陛下も多少の不自然さをお感じになっているかもしれないが、そこにはこんなお気持ちがおありなのだという。

「被災地などでは、多くの人々が自分たちが体験した苦しみを、両陛下に語ることが多いんです。そんな苦しみを分かち合うためには、“ひと言も聞き漏らしてはいけない”という思いが、両陛下には常におありなわけです。それこそがご自分たちの務めだと、そうお考えになられているのです」(別の皇室記者)

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
被災地の両陛下「自分達が履く訳には・・・」とスリッパ脱がれる
被災地訪問の両陛下 揺れるバスの中で立って手を振り続けた
天皇皇后両陛下が私的旅行の訪問先に青森県を選ばれた理由は

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP