ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大卒プロ棋士が語る「人間が将棋ソフトに勝てなくなる日」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2011年から国立情報学研究所を中心に始まった「ロボットは東大に入れるか」プロジェクト。人工知能(コンピュータ)にできることとできないこと、裏返せば人間に残される領域は何かを探り、その指標として「東ロボくん」と名付けられた人工知能が大学受験の模試に挑戦している。そのプロジェクトの中間報告が『ロボットは  東大に入れるか』(新井紀子著/イースト・プレス/本体1400円+税)という書だ。

 一方、一昨年から行なわれているプロ棋士と将棋ソフトによる「電王戦」では、ソフトの側が大きく勝ち越している。「電王戦」を担当する日本将棋連盟の理事で、東大卒棋士である片上大輔六段は人工知能をどう見るか。

──昨年11月、「東ロボくん」が代ゼミの「全国センター模試」(選択式)と「東大プレ入試」の数学(記述式)を受け、東大は圏外でしたが、私大579校中403校で合格可能性80%以上という結果でした。偏差値は、科目の組み合わせによって40代半ば~後半です。

片上:偏差値はともかく、問題文の自然言語を読み、「東大プレ入試」では自然言語を交えた長い解答を出力していることに驚きました。コンピュータにとっては自然言語の処理が難関のひとつで、そこまでのレベルに達していると思っていませんでしたから。

 ただ、本書の解説を読むと、コンピュータは、人間が自然にやるように言語の意味を真正面から丸ごと理解するのではなく、言語についての膨大なデータを使い、文字の配列を分析するなどして意味に近似しようとしているんですね。実は、「意味を理解していない」のは将棋ソフトも同じなんです。

──例に挙げられている「東大」と「東西」が象徴的ですね。一文字違いでも意味はまったく異なりますが、コンピュータにとっては単に記号として異なるだけです。

片上:「私は、岡田と広島に行った」と「私は、岡山と広島に行った」の翻訳の問題も面白い。人間は前者を「I went to Hiroshima with Okada」、後者を「I went to Okayama and Hiroshima」と訳す。しかし、コンピュータは前者も後者と同じように訳してしまう。論理では間違わないけれど、常識の部分で間違ってしまうんですね。

 ただ、そこには日本語独特の難しさがあるのではないでしょうか。英語ならもともと「with Okada」「Okayama and」と書き分けられていて、混同しませんから。「東ロボくん」が英語で出題されるハーバードの試験を受けたらどういう結果が出るのか興味がありますね。

──「東ロボくん」は東大合格圏にはるかに届かない一方、将棋ソフトは、タイトルホルダーに次ぐレベルの棋士に勝っています。

片上:僕は東大を受験するために勉強したのは1年ぐらいで、一方、将棋は大学時代の22歳でプロになるまでに10年ぐらい修行しました。ハードルの高さは全然違いますよ。でも、将棋は自然言語を使うわけではないし、決まった枠組みの中で特定の問題を解くわけです。コンピュータはそういうことに関しては能力を発揮するんですね。それに、コンピュータは疲れず、眠くならず、従って判断ミスがない。

──いずれすべての手の順列組み合わせをコンピュータが分析できる日がやってくると思います。

片上:将棋の探索空間(すべての手の順列組み合わせ)は10の220乗とも言われているんですが、コンピュータがそれを分析できるようになるのは早くて2050年ぐらいと聞いたことがあります。理論的には、それ以降はコンピュータはどんなプロにも必ず勝ちます。

 でも、それでも僕は将棋を指し続けます。将棋を指すのは面白いし、将棋の本質を自分で追究したいですからね。そういう感情や欲求が人間らしさだと思いますし、それはコンピュータでは代替できませんから。

インタビュー・文■鈴木洋史

※SAPIO2014年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
電王戦で注目集まる将棋ソフトの歴史と開発者らの情熱描く本
羽生善治三冠 人間がCOMに負けると1996年に予想していた
佐藤紳哉六段 電王戦でカツラがズレること心配し着用を迷う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP