ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】急速な円安への懸念から円買い介入も?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が、12月1日~12月5日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は、米国11月の雇用統計や衆議院選挙の世論調査に注目する展開となる。解散総選挙と円安というアノマリー、年末に向けた米国企業の利益送金によるドル買いなどで、ドルは下げ渋る展開が予想されるものの、本邦通貨当局が円安のスピードに対して懸念を表明していることで、ドルの上値は限定的か。

 リスク要因は、イスラム国を空爆している有志連合国でのテロの可能性、エボラ出血熱の感染拡大懸念、地政学的リスク(ウクライナ情勢、中東情勢)の緊迫化などが想定される。しかしながら、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による外貨建て資産への投資増額(23%⇒40%)からドルの下値は限定的だと予想される。

【地区連銀経済報告】(3日)
 米国の10月のインフレ率が前年比+1.6%へやや上昇したことで、米国の11月雇用統計が改善していた場合、16-17日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、利上げまでの「相当の期間」という時間軸が削除される可能性が高まることになる。FOMCで、米国の景況感の判断材料となる地区連銀経済報告にも要注目か。

【米国の11月雇用統計】(5日)
 米国の11月雇用統計の予想は、失業率が5.8%で10月の5.8%と変わらず、非農業部門雇用者数は前月比+22.5万人で、10月の+21.4万人からの増加幅の拡大が見込まれている。予想通りに雇用情勢が改善した場合、12月16-17日のFOMCで利上げまでの「かなりの期間」という時間軸が削除される可能性が高まることで、ドル買い要因となる。

 予想に反して雇用情勢が悪化した場合は、低金利政策の長期化観測から、ドルは上げ渋る展開となる。

【衆議院選挙の世論調査(475議席)】
 14日の衆議院選挙の投開票に向けて、世論調査に注目する展開となる。与党が絶対安定多数の266議席以上を確保した場合、アベノミクスが信認されたことで、安倍トレード(日本株買い・円売り)が継続することが予想される。
 
 265議席を割込んでも、過半数の238議席を確保した場合は、安倍トレードが継続することが予想される。過半数を割込んだ場合、安倍晋三首相は退陣となり、安倍トレードが失速することになる。

【スムージングオペとしての円買い介入の可能性】
 麻生太郎財務相は、「円の下がり方のスピードのテンポ速すぎる」と円安のスピードへの警戒感を示した。黒田東彦日銀総裁も「円安の影響は、輸出の増加などプラスの面がある一方で、家計の実質所得の押し下げなどマイナス面もある。為替相場は、ファンダメンタルズを反映して、安定的に推移することが望ましい」と述べ、急速な円安に対する警戒感を示している。

 外為特会の持ち値は約111円60銭付近であることで、膨大な外貨準備を減らし、円安スピードを牽制できる円買い介入の可能性に要警戒か。

 12月1日-5日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)11月ISM製造業景況指数- 1日(月)日本時間2日午前0時発表
・予想は、57.8
 参考となる10月実績は59で市場予想を大きく上回った。生産指数は64.8で9月実績を上回る高水準だった。また、新規受注 は65.8で9月の60を大幅に上回った。11月については10月に急上昇した反動でやや低下する可能性があるが、製造業活動の拡大を示唆する内容になるとみられる。

○(米)11月ADP雇用統計- 3日(水)午後10時15分発表
・予想は、前月比+22.2万人
 参考となる10月実績は+23万人。労働市場の改善は続いていることを示す内容だった。11月については、新規失業保険申請件数の推移を参考にすると、10月実績と変わらない内容になるとみられている。労働参加率は低水準を続けているが、様々な分野で雇用の拡大が確認されており、市場予想は妥当か。

○(米)11月雇用統計- 5日(金)午後10時30分発表
・予想は、非農業部門雇用者数は+22.5万人、失業率は5.8%
 参考となる非農業部門雇用者数の10月実績は前月比+21.4万人、失業率は5.8%だった。11月中旬の新規失業保険申請件数を参考にすると、雇用者数は10月実績をやや上回る可能性がある。失業率は10月の5.8%を下回る可能性があるが、労働参加率は低水準で推移している。市場予想と一致しても労働市場の大幅な改善を示唆する内容であるとは言い切れない。

○(米)10月貿易収支- 5日(金)午後10時30分発表
・予想は、-410億ドル
 参考となる9月実績は、-430億ドル。赤字幅は市場予想を上回った。世界経済の成長鈍化によって輸出額の大幅な増加は難しくなっている。産業資材、資本財、自動車、消費財などの輸出が減少した。ただ、燃料輸入は減少していることから、10月の赤字額は9月実績を多少下回る見込み。

 主な発表予定は、3日(水):(米)11月非製造業ISM景況指数、5日(金):(日)10月景気先行・一致指数、(米)10月製造業受注指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:115円00銭-120円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
さらなる円安に進むかどうかはFRBの量的緩和縮小の行方次第
売れる食パンの厚さ 関東は6枚切り、関西は5枚切りが圧勝
人命救助2万人、遺体収容1万体 自衛隊の災害派遣の実績

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP