体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 5.0(Lollipop)にはKitKatスタイルのアプリ起動履歴画面が残されている

Android 5.0 (Lollipop)に Android 4.4 (KitKat)スタイルのアプリ履歴画面がまだ残されていることが判明しました。アプリの起動履歴画面は、Lollipop で上図左のように表示されますが、上図右のような KitKat スタイルでも表示できるということです。起動したアプリを一覧表示する画面は Lollipop でカードスタック式に刷新され、よりグラフィカルで機能的なものになりましたが、選択のしやすさではまだ KitKat スタイルの方が有利だと思います。ではどうやって KitKat スタイルの表示を確認するのかというと、Nova Launcher や Action Launcher などのサードパーティ製ホームアプリを使います。Nova Launcher の場合ですと、ホーム画面を長タップし、「ショートカット」→「アクティビティ」→「システム UI」をタップ。画面に表示される 2 つの「概要です。」のどちらか一方が KitKat スタイルで、もう一方が Lollipop スタイルとなっています。2 つともホーム画面に配置してタップしてみると、上図のように異るスタイルで表示されます。しかし、操作ボタンに割り当てられている表示スタイルは変更できないので、ボタンの挙動を KitKat スタイルに戻すことは標準状態ではできません。カスタム ROM ではサポートされると思います。

Source : Reddit


(juggly.cn)記事関連リンク
「AirDroid 3」のベータ版とWindows / Mac用のネイティブクライアントがリリース
「Cicret Bracelet」は手首をタッチスクリーンに変え、小さな Android タブレットを操作できるようにする新発想のブレスレット型デバイス
サンコー、弁当売りスタイルの持ち方でタブレットを持たずに操作できるショルダーバッグ 「どや!これがわいのタブレットじゃいバッグ」 を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。