ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンコー、弁当売りスタイルの持ち方でタブレットを持たずに操作できるショルダーバッグ 「どや!これがわいのタブレットじゃいバッグ」 を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンコーレアモノショップは 11 月 28 日、弁当売りスタイルの持ち方でタブレットを持たずに操作できるショルダーバッグ 「どや!これがわいのタブレットじゃいバッグ」 を発売しました。インパクトのあるネーミングですね。価格は 4,980 円です。

この製品は、絵を描くときに使う画版や、弁当箱売りの人が首にかけて商品を運んでいるかのようにしてタブレットを目の前に置くことのできるショルダーバッグ。使わないときは普通のショルダーバッグとして斜め掛けでき、バッグを開くとタブレットを持たずに操作できるようになります。

プライベートの外出先でこれを利用するのは少し抵抗がありますが、持たずにタブレット操作できるのはかなり実用的。タブレットの大きな画面で雑誌や地図を見たりするには最適ですよね。立ち仕事でタブレットを利用する場合も両手が空いていいと思います。

バッグ内蔵のタブレットホルダーはそれ自体が飛び出す仕組みなので、タブレットを見やすい位置に持ってくるのにショルダーベルトの長さをその都度変更する必要もありません。

この製品に収納できるタブレットのサイズは 225 ~ 255 × 140 ~ 170 × 10mm。主に iPad や Nexus 9 などの 9 ~ 9.7 インチ程度です。また、ポケットも複数あるので、筆記用具や小物を収納することも可能です。

Source : サンコーレアモノショップ


(juggly.cn)記事関連リンク
「Cicret Bracelet」は手首をタッチスクリーンに変え、小さな Android タブレットを操作できるようにする新発想のブレスレット型デバイス
Nexus 9 LTEはドイツでは12月10日前後に発売予定、HTC Nipponが国内向けの対応バンド情報を公開
E Ink電子ペーパーディスプレイを搭載した「SmartBand Talk SWR30」の夜間の屋外での視認性をチェック

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP