ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水道橋博士、岡村靖幸、ダイノジ大谷…豪華すぎるメルマガが今なら無料で読める!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

玉袋筋太郎氏とともに「浅草キッド」としてお笑い界の第一線で活動するだけでなく、最近はワイドショーや討論番組などでコメンテーターも務める水道橋博士。実は、芸能人以外の別の人生を歩めるとしたら、なりたかったものは「編集長」なのだとか。

これは、浅草キッドのオフィシャルサイト(http://www.asakusakid.com/past-column/melma_junpo.html)で博士本人が語っているところだが、そんな彼の夢を形にしたのがメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』だ。2012年11月にスタートし、11月25日に発行された最新号では、50号に到達。メルマガを始める著名人は数多くいるが、2年もの間、発行し続けているのは非常に珍しいといえるのではないだろうか。

そして50号達成を記念し、『メルマ旬報』最新号が無料閲読、ダウンロードできるという。

筆者も同メルマガのウェブ版を閲読したが、まずボリュームの大きさに、驚かされた。というのも、目次部分には40を超える見出しが記載されており、メール配信の際は、上・中・下篇の3篇に分けて送られてくるのだとか。博士はこのメルマガを、「大人のコロコロコミック、子どもの文藝春秋」と形容しており、たしかに、分厚い雑誌を思い起こさせる文章量となっている。

また、ボリュームだけでなく、内容も非常に濃い。連載陣に目を通せば、博士本人はもちろん、岡村靖幸氏、サンボマスターの山口隆氏といったミュージシャンや、お笑い界からはマキタスポーツ氏、ダイノジの大谷ノブ彦氏、立川吉笑氏(落語家)が執筆中。文化、サブカル方面では、スタイリストで女優・麻生久美子の夫としても知られる伊賀大介氏、いわゆる「テレビ屋」の大根仁氏、土屋敏男氏、角田陽一郎氏といった大御所プロデューサー・ディレクターも顔を揃える。

……と、まだまだ紹介したい人はほかにもいるのだが、最新号で注目すべきは構成作家の相沢直氏による「【特別掲載】『道重さゆみ年表 増補版』」だろう。11月26日でモーニング娘。を卒業する道重さゆみの生誕から今までを詳細に記したものだが、これも、とにかく内容が濃い。本文の文字数を数えたら18,942字もある……おそらく、音楽・アイドル雑誌でも、ここまで詳細な年表をつくるのは、ほぼ不可能といってよいだろう。

無料閲読・ダウンロードは期間限定。また、通常でも購読価格は500円/月、しかも1ヶ月に2回発行されるので、お手頃な価格となっている。この機会に、『メルマ旬報』を試し読みし、入会を考えるのも良さそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

女性ティンパニ奏者のスゴすぎる演奏法が話題に 「思った以上にマジw」「流行りそう」
突然命じられたアマゾンでの商談……そんなことがあっても大丈夫なアイテム登場!
中山秀征は過小評価されがちの「名トスの達人」 パートナーの魅力の引き出し方がスゴい
中国車に怒り狂い、破壊しまくる自動車ジャーナリストがスゴすぎて話題に
さまぁ~ず・三村の「コンビ愛ツイート」がネット上でカッコよすぎると絶賛の嵐

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP