ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

武田鉄矢 金八先生として撮影中騒ぐ暴走族一喝し鎮めた過去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優・武田鉄矢といえば、やはり『3年B組金八先生』(TBS系)での坂本金八役の印象が強い。第8シリーズまで制作され、32年続いた同ドラマ撮影時を振り返った武田の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 1979年に始まったテレビドラマ『3年B組金八先生』は、武田鉄矢の代名詞ともいえる作品となった。

「初めて話が来た時は、夜の8時台で主役が出来るということへの嬉しさだけでした。

 やっていくうちに気合いが入っていきましたね。山田洋次イズムといいますか、『幸福の黄色いハンカチ』で山田監督に叱咤激励された言葉が満ちていて、リハーサルから一生懸命やろうと必死でしたね。ただ、最初のシリーズではガキが懐かなくて。でも、僕も媚びませんでした。子供って敏感だから、追いかけると逃げるんです。三か月過ぎたあたりから変わり始めました。少しは人間として信頼してもらえたのかな。

 それで、ディレクターには『よーい、はい』で本番を始めるのはやめてくださいと頼みました。僕が教室に入って『起立、礼』という時の、いいところから回してください、と。それをやると、凄くナチュラルに撮れるんです。

 それで、子供たちもADより僕の言うことを聞くようになりました。ただ、後半になっていって、問題も起きました。演出家がある子供に『お前、そこで転べ』とか言った時に、『この子はできません。転ぶんだったら、こいつができます』と僕が言ったんですね。
 
 それで『金八が生徒を可愛がりすぎて演出家に指を触れさせない』と演出家たちの間で問題になりました。その時は脚本家の小山内美江子さんに『3Bのことは全て金八先生に従うように』とおっしゃっていただいて。嬉しかったなあ。

 ラストシーンは全員が泣いちゃってね。杉田かおるまで泣いていた。彼女は15歳にして女優だったから、一回も油断したことはありませんでした。そんな彼女まで泣くんですから」

 第二シリーズでは、問題児の転校生・加藤優(直江喜一)を巡る暴走族のエピソード「腐ったミカン」が話題になった。

「ロケに行くと、優にファンが付いているんですよ。それが本物の暴走族。自分たちの代表として優を見ていて、ライバルの悟を殴ろうとしたりするんです。子供たちに何かトラブルがあったら自分のせいだと思っていました。ですから、引くとナメられると思いましてね。

 彼らが騒いで撮影の邪魔をしようとした時は、強気のところを見せようと『一生懸命に芝居をしているんだから、少し静かにしてくれるかな』と注意したんです。そうしたら『おい、金八先生が頼んでるから静かにしようぜ』と彼らも聞いてくれました。

 あの衣装を着ている間はスーパーマンと同じなんです。誰も『武田鉄矢』と呼ばずに、『金八先生』と呼ぶ。ですから、金八としてはロケ現場でも動かなきゃいけないんですよ。

 優には怒鳴りまくりましたね。あいつがまた力むんですよ。いいセリフなのに、物凄く力んで言うから浮いちゃうんです。それで、アイツをセットの裏に連れていって、『セリフがカッコいいから、カッコいい顔なんかしなくていいんだ。正直に言えば、上手くいくから』って、以前に山田監督から言われた言葉をそのまま彼に伝えました」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)ほか。最新刊『時代劇ベスト100』(光文社新書)も発売中。

※週刊ポスト2014年12月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『金八』で共演の武田鉄矢と田原俊彦が約20年ぶりの共演へ
武田鉄矢 心臓手術成功後に妻の顔を見て「助かったんだ!」
『家政婦のミタ』の忽那汐里 ブレイクの裏に金八が熱血指導

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP