ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「タバコ大国」中国で禁煙条例施行 罰金1万円、贈答禁止等

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 喫煙者が3億人といわれる「タバコ大国」中国で、公道や公共の場での全面的な禁煙を定める条例が11月下旬、公布され、来年にも施行される。中国では喫煙の二次被害が7億4000万人に及び、喫煙が原因とされる死者が毎年136万6000人にものぼっているためだ。

 罰金も最高500元(約1万円)と北京市民の平均月収の約6分の1と非常に高額になっているほか、今後はテレビドラマや映画でも喫煙シーンはカットされる方針だという。これに対して、ネット上では「『禁煙後進国』の実態をさらけ出しただけとの辛辣な批判が上がっている。

 中国メディアによると、中国では3年前の2011年、「公共の場所での衛生管理條例實施細則」が施行。公共の場所での喫煙の禁止が決められているが、実効性はほとんどないことから、今回の条例の制定となった。

 喫煙が禁止されている場所も細かく設定されており、エスカレーターや建物内の廊下、地下道などのいわゆる公道のほか、学校などの教育施設内や病院などの医療機関、スポーツ施設全般や公共交通機関などだ。

 さらに、職種によっても、喫煙が禁止されており、党や国家機関、医療機関や教育機関の職員は禁止が義務づけられる。さらに、タバコを贈答品として購入することも禁じられた。

 また、新聞やテレビ、ラジオ、映画などのメディアを統括する政府機関では、必要がない喫煙シーンや写真は使わないように厳格に指導することにしており、罰金も最大で3万元が課せられる。

 しかし、これらの厳しい禁煙措置について、ネット上では、

「共産党政権は個人の尊厳や自由を奪っておいて、さらに、中国5000年来の習慣である喫煙の権利まで奪い去ろうとするのか。習近平政権は西側の政治制度はとらないとしているのに、タバコだけ西側と同じような規制を強めるのはおかしい。

 習近平が尊敬する毛沢東同志は常に煙を絶やさないチェーンスモーカーだった。改革・開放路線の父、トウ小平も同じくチェーンスモーカーで有名だ。彼らがいま生きていたら、習近平のことを『奸漢(売国奴)』と非難するに違いない」

 という痛烈な批判が書き込まれていたが、さすがにいまは削除されている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
喫煙所がガラガラに 某IT企業で効果抜群だった禁煙策とは
習近平喫煙写真出回る 中国禁煙キャンペーンに反発との説も
公園の受動喫煙裁判 判決は「非喫煙者が喫煙者から離れよ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP