ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松嶋菜々子 裁判もあり『ミタ』スタッフが手掛けるドラマ頓挫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月中旬『家政婦のミタ』(日本テレビ)など数々の話題ドラマを手がけてきた遊川和彦氏(59才)の結婚披露パーティが行われた。柴咲コウ(33才)、黒木瞳(54才)、天海祐希(47才)、菅野美穂(37才)などそうそうたる女優陣が勢ぞろいしたが、一人の重要な女優がいなかった。遊川氏とは『GTO』(関西テレビ)から16年あまりの付き合いがあり、『家政婦のミタ』では主演を務めた松嶋菜々子はついに姿を見せなかった。

 大ヒットした『ミタ』はスペシャルドラマや映画化、続編などの話も出ていたが、松嶋はそれらをすべて断ってきた。

 続編を断ったことによる遊川氏の落胆ぶりが松嶋の耳に入ったのか、あるいはスタッフの説得が実を結んだのか、昨秋、松嶋主演、遊川氏が脚本を手がけ、『ミタ』と同じスタッフによるホームドラマの話が進んでいた時期もあった。

「今年1月クールでの放送開始でしたから、クランクインに向けて最終調整を行っているところだったんです。そんなとき、突然松嶋さんが降板を申し入れたんです。理由は、次女の小学校お受験の時期で忙しくなるから。でも長女も同じ小学校をお受験していますし、その予定は最初からわかっていたことなんです。本当の理由はあの騒動が原因だったといわれています」(テレビ局関係者)

“騒動”とは、松嶋と反町が飼っていたドーベルマンが、隣人にかみついたことに端を発する一連の裁判のこと。2011年10月に夫妻は、マンションの管理会社から訴えを起こされた。そして2013年10月10日、東京高裁での控訴審で、夫妻には、1725万円の支払い命令が下った。

「そのタイミングでドラマの制作発表会見に出席することになれば、裁判のことを蒸し返されるし、また大きく報じられてしまう。そうなっては次女の合格にも影響が出かねないということだったんでしょう」(ワイドショー関係者)

 しかし松嶋が訴えられたのはその2年前。これほどこじれるとは思わなかったのかもしれないが、新ドラマが煮詰まるまでに遊川氏やスタッフに相談する時間は充分すぎるほどあっただろう。

「結局遊川さんにしてみれば、夫婦ともに16年近くのつきあいなのに、そこにあったはずの信頼関係も、絆も、いったいなんだったのかということですよ…。松嶋さんにしてみれば、ちょっとしたボタンの掛け違いが続いただけだったのかもしれませんけどね…」(前出・ワイドショー関係者)

※女性セブン2014年12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松嶋菜々子 『ミタ』脚本家の結婚披露宴欠席に至るある事件
松嶋菜々子 『家政婦のミタ』のタイトル見て出演を快諾した
松嶋菜々子『家政婦のミタ』高視聴率祈願でスイーツ断ちした

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP