ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三浦知良と契約延長する意義をサッカーに詳しい元力士が分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 サッカー界の“レジェンド”といわれるキング・カズこと三浦知良が、48歳を迎える来季もJ2・横浜FCでプレーすることになる。今季はわずか2試合、4分の出場に終わったが、契約延長オファーを受け、年明けにも正式契約となる見込みだ。野球界では、中日の山本昌が50歳になる来季も現役を続行。相撲界では、11月の九州場所で40歳の旭天鵬が敢闘賞を獲得するなど、スポーツ界全体で選手寿命が延びている。

 だが、ベテラン選手がいつまでも居座ると、ポジションは自動的にひとつ埋まってしまう。このような状況を若手は、どう考えているのだろうか。1990年代にある有名部屋に所属していたサッカーに詳しい元力士はこう話す。

「角界には、旭天鵬関のような幕内力士ではないものの、幕下以下にも30代後半以上のベテラン力士がいます。相撲は完全に個人競技なので、部屋になかなか辞めないベテラン力士がいても、気にならないですね。『ちゃんこ作るのうまいな』と思うくらい。

 仮に自分がサッカーをしていて、横浜FCの選手だとしたら、“日本のサッカー界を引っ張ってきたカズさんだから、契約延長は仕方ない”と思うかもしれません。ただ、自分が解雇されたら、全く別の感想を持つと思います。『年間で4分しか出場していない選手がなぜ契約延長でそれなりの年俸をもらい、俺がクビなんだ』と憤るでしょう。

 野球やサッカーの年俸の決め方、評価基準は、かなりアバウトだと思います。角界の場合、番付によって給与が決まっています。仮に大関まで上り詰めた力士であっても、十両に落ちれば十両の給与しかもらえません。幕下だったら、2か月に1回の場所手当で15万円です。こんなにわかりやすくて明確な給与体系は、ほかにないんじゃないですか。だから、『ほかの力士の評価が不当に高い!』と怒ることはないです。番付がすべてを現していますから」

 今季ほぼ出場なしのカズが契約延長となる背景には、メインスポンサーの意向が強いとも噂されている。絶大な人気を誇るカズは“興業”を考えた場合、必要不可欠というわけだ。

「各相撲部屋にとって、人気力士の存在は大きいです。人気者がいると、タニマチが増えて資金力も上がるし、新弟子志望者も増える。関取を輩出できない部屋は、人気者がいないから、逆のパターンになるわけです。

 横浜FCはカズさんが入ったことで、専用の練習場ができるなど環境がグレードアップした。そして、実際2007年にはJ1にも昇格しています。確実に“カズ効果”はあったわけです。

 サッカーという競技だけを純粋に見れば、今季のカズさんは自分でも話していたように、プロ失格かもしれない。しかし、プロスポーツという興業の観点から見れば、まだまだ必要なのでしょう。カズさんがいなくなったら、スポンサーが離れ、資金的にものすごく苦しくなると想定されますからね。すると、クラブの強化どころじゃなくなります」(同前)

 プロである以上、興行面での貢献度は評価されるべきものだ。しかし、そこに実力が伴っていないと批判の声もあがる。来季はカズにとって、大きな正念場となるだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他
大韓サッカー協会HP「サッカーの起源は朝鮮半島」で抗議殺到

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。