ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マンモスの標本がオークションに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まばゆい光に照らされながら、その巨体を現したのは、氷河期に生きたケナガマンモスの骨格標本。イギリスのビリングスハーストで11月26日に行われたオークションにかけられたという。

【画像や図表を見る】

高さ3.5メートル、全長5.5メートルのこのケナガマンモスの標本は、イギリスのオークション会社「サマーズ・プレイス・オークションズ」によって競売にかけられ、18万9000ポンド(日本円にして約3500万円)で落札されたという。

約1万年前に絶滅したとされるケナガマンモス。その迫力は現代に骨格のみで再現されても十分に伝わってくる。
(R25編集部)

マンモスの標本がオークションにはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

人類最高の地下到達点は?
珍品多数の官公庁オークションとは
アマゾンの「恐竜」レビューが話題
3800年のタイムトラベル!? ミイラの木棺に永遠を思う
2013年夏・博物館デートガイド

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP