ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徹子の部屋「生きる放送事故」出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NHKの情報番組『あさイチ』の料理コーナーを担当している料理研究家・平野レミは、ネット上では“生きる放送事故”と呼ばれている。その理由は、当番組で丸ごとのブロッコリーを皿に突きたて、ソースをかけただけの強烈なビジュアルの料理「まるごとブロッコリーのたらこソース」を紹介したり、他局の番組『キユーピー3分クッキング』のテーマ曲を口ずさんだりするなど、印象深い事件を起こしているからだ。

【画像や図表を見る】

そんな平野が11月26日、同じく奔放なキャラクターとして知られる黒柳徹子の番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、ネット上で話題になった。

黒柳といえば“ムチャ振り”に定評(?)があり、自由奔放さでは平野に勝るとも劣らない人物。そんな黒柳の“ホーム”に平野が単身乗り込むとあって、ネット界は「このふたりが出演すると、何か起こるのではないか…」と騒然。放送前日には平野自ら「夢中で喋ると股がどんどん広がっちゃうから」と、膝をテープで固定して収録に臨んだ様子をツイッターに投稿し、ネットユーザーたちの期待感はさらに高まった。

いざ番組の放送が始まると、

「いきなり視聴者そっちのけのマシンガントーク」
「もう二人とも勝手に喋るから何言ってるか分からない」
「さっ、徹子の部屋平野レミ先生がはじまりましたよ~いきなりトップギアですよ~」

と、序盤から熾烈な会話合戦となった様子を実況するツイートが相次いだ。

話題が平野の息子たちのことになると、平野は「私この前、妊娠しちゃったじゃないですか!」と発言。黒柳が「え?え?え?」と急な展開についていけない様子を見せると、平野は「この前、38年前!」と、四半世紀以上前のことを、まるで年内のことのように話し始めた。

さらに、次男の職業について、平野が「インターネットなんとかなんとか」というと、それと呼応するように黒柳は「あーインターネットなんとかなんとかね!」となぜかうなずく場面も。これを見たツイッターユーザーたちは、

「インターネットなんとかなんとか(という職業)」
「インターネットなんとかなんとかって何w」

と大ウケした模様。ネットユーザーにとって大満足の内容だったようだ。

ちなみに平野は現在、自身のサイト「Remy」でレシピやコラムを公開している。サイトを立ち上げた際には、

「最近『生きる放送事故』なんてからかわれるから、料理のこと自由に話せる場所つくったわよ! NHKに抗議の電話が殺到した話、料理が全くできなかった次男の嫁の話、140字じゃ言えない裏話も続々よ~」

とツイッターに投稿。肝心の料理よりも自身のマシンガントークやキャラクターに注目が集まる状況をカラリと明るく受け流し、サイトではレシピが生まれた背景や作り方のニュアンスまで含め丁寧に紹介している。

『あさイチ』や『徹子の部屋』で平野から目が離せなくなった人は、同サイトやツイッターでさらに深い魅力に触れてみるのもいいだろう。
(R25編集部)

徹子の部屋「生きる放送事故」出演はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

TV生放送「たけし大暴走」に賛否
平野レミさんの「きょうの料理」がネットで話題
「ローラvs.徹子」ネット住民が予想
バカのアホ炒めも伝授!平野レミの爆笑つぶやき
あさイチの性特集がまたまた話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP