ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovo Vibe X2のWCDMA対応版が中国で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo が 9 月の IFA 2014 イベントで発表したハイエンドスマートフォン「Lenovo Vibe X2」の WCDMA 対応版(X2-CU)が最近になって中国で発表されました。Vibe X2 は、厚さ 7.27mm、質量 120g の薄型軽量の 5 インチ Android スマートフォン。筐体のフレームに異る 3 色のカラーを採用した「レイヤードデザイン」が特徴の機種です。Vibe X2 は、発売時には TD-SCDMA 対応の「中国移動 4G 版」しか販売されていませんでしたが、WCDMA に対応した「中国聯通 4G 版」がラインアップに追加されました。このモデルは WCDMA だけではなく、GSM、TD-LTE、FDD-LTE にも対応しています。価格は中国移動 4G 版と同じ 2,499 元です。Vibe X2 の主要スペックは、5 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ、MediaTek のオクタコアプロセッサ「MT6595」、2GB RAM、32GB ROM (Micro SD 非対応)、背面に 1,300 万画素、前面に 500 万画素カメラ、2,300mAh バッテリーを搭載しています。Source : MTKSJ


(juggly.cn)記事関連リンク
HTCは最近製造のNexus 9で側面ボタンを改良した模様
日本郵便が格安スマートフォン事業に参入するという報道
英Handtecにおける「Nexus 6」の入荷予定が12月22日までに変更

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP