ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昔は俺もデュエリストだった……押入れの中に眠っているカード、今いくら?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「何年か前までは遊戯王OCGをやっていた」「昔は友達と夢中になって何時間もデュエルしていた」「地元の大会ではちょっと名の知れたデュエリストだった」そんな経験を持つ読者はきっと多いだろう。ゲーム実況者としてニコニコ生放送内で幅広いジャンルのゲーム番組に多数出演している “しゃけとりくまごろう” 氏もその1人だ。そんな彼がふと「10年間大事にしてきたメインデッキが今どれくらいの価値をもっているのだろう?」と疑問を持ち、秋葉原のTCGショップ “ホビーステーション” にデッキを査定に持ち込むとのことで、その様子をレポートする。

時は残酷ッッ!!彼が何年も大切にしてきたデッキの価格は”271円”と査定される。

そう、遊戯王では古いレアカードは再録販売されることが多いため価値が下がりやすく、そしてあまりにも強すぎるレアカードは禁止カードに指定され使用不可となって価値なしとみなされるのだ。
軽快に査定をしてくれたホビーステーション秋葉原DT店 “粕谷店長” に遊戯王カードの相場の移り変わりを聞いてみるとだいたいこんな感じのようだ

■昔は価値があったが安くなってしまったもの
・禁止カード指定によって、デッキに入れることができなくなったカード
・再録されてレアリティが下がり、流通量が増えたカード

■逆に価値の高いカードは以下のようになる
・新版の強いカード
・再録されていないカードで、最新のルールでも使える強いカード
・原作に出てきた人気の高いカード(ただし初版に限る)

カード査定は無料で行っているので、気になる方は試しに持ち込んでみるのも良いだろう。思わぬ掘り出し物が含まれているかもしれない。

これから遊戯王をはじめてみたい方へ粕谷店長からのアドバイス

・初めてプレイする人はスターターデッキを購入するのがオススメ、プレイ手順の書かれたルールブックと、ひと通りのカードが入っている。
・経験者はストラクチャーデッキから始めるのが良いだろう、こちらにはテーマ別に構築済みデッキが収録されていて、購入してすぐ対戦できる戦力が揃っている。

思い出デッキの査定額にショックを受けながらも店長のアドバイスにより現バージョンの遊戯王の中でも強いとされる”ヒーローデッキ”の構築を目指すことを決めたしゃけとりくまごろう氏。強いヒーローデッキを構築するため、ブースターをボックス買い(約4200円)しパック開封の儀を始めるが、果たしてその結果は……?この様子は Youtube のしゃけくま氏のチャンネルで動画配信されているので、気になる続きはそちらをチェックしてみよう!



11月30日には「遊戯王 しゃけくま杯」が開催される


11月30日(日)には「遊戯王 しゃけくま杯」の開催が決定。大会参加者には”ホビーステーション シングルカード購入チケット300円分”を進呈、そして優勝者にはなんと”豪華名誉プレゼント”も企画されているそうだ。

日時: 11月30日(日) 16:00~
定員: 30名 (多数の場合は抽選)
方式: スイスドロー
場所: 秋葉原ホビーステーション DT 店

エントリー開始時期などの詳細は、しゃけくま氏のtwitter(@syake9ma)で告知されていく予定となっている。押入れの中に眠らせている遊戯王のデッキを持って再び熱いデュエルに身を投じてみてはいかがだろうか。

“しゃけとりくまごろう”プロフィール:2011年6月ニコニコ生放送にてゲーム実況を開始し、現在ではMCやイベントプロデューサーなど多岐に渡って活動中。自身を”イケメン”ならぬ”クマメン”と呼ぶナイスガイだが、もちろん本名では無い。「鮭を捕ったことのない、しゃけとりくまごろうです。シャケ!」という挨拶も定着。しかし、いつの日か鮭を捕獲することを願って止まない。

©高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社 企画・制作/KONAMI

ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP