ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ゴルフするならハノイで」と言われるベトナムのゴルフ事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴルフをするのはどこがいいか──この究極の質問に対し、航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏による連載『“おとな旅”コンシェルジュ』から、ベトナム・ハノイのゴルフの魅力について紹介する。

 * * *
 奄美~大阪~北海道~鉄道の旅と、国内の“おとな旅”をご紹介してきた当連載だが、今回はいよいよ海外に飛び出してみよう。向かう先は、南国ベトナムである。ひと昔前はベトコンやアオザイのイメージしかなかったが、近年では経済発展著しく、日本企業が多数進出している。

 おかげで日本から直行便が飛ぶようになり、訪れるのにがぜん便利になった。旅行先としては南部のホーチミン(旧サイゴン)がメジャーだが、コンシェルジュがこの時期おすすめしたいのは、北部の首都・ハノイである。理由は二つある。

 まず気候だ。ベトナムは「南国で蒸し暑い」というイメージが強いが、ハノイは緯度的にはほぼ香港と同じ。そのため11月の平均気温は約22度、12月~2月はさらに涼しく快適だ。

 二つ目はアクセスのしやすさ。今春から羽田発の直行便が開設され便利になった。所要時間も6時間少々と、他のアジアの都市(バンコク7時間、ジャカルタ8時間)に比べて短いので、体の負担も少ない。

 では、ハノイで何をして過ごすか? コンシェルジュが強く推したいのはゴルフである。いや、ゴルフしたけりゃハノイに行け!と言っても過言ではない。ベトナムでゴルフ? と怪訝に思う方もいるかもしれないが、じつは当コンシェルジュも先日、旧友と連れだってハノイでプレーを楽しんできたばかりだ。
 
 さて、ここでベトナムのゴルフ事情について簡単に説明しておきたい。基本的に18ホールスループレーで、9ホール終わってから少し休憩を取り、またすぐに後半のスタートとなる。食事は18ホールが終わってシャワーを浴びてから取るスタイルが一般的だ。

 プレー代は平日で80~100USドル(約9200~1万1500円)程度、休日だと150~200USドル(1万7250~2万3000円)程度が相場。予約は日本語が通じる現地の旅行会社で送迎付きのオプショナルツアーに参加する方法が一番簡単であり、チップやプレースタイルについても日本語で教えてもらえるので安心だ。

 日本のゴルフ場との最大の違いはキャディ。日本ではセルフプレーが増えているが、ベトナムではプレーヤーに一人ずつ専属キャディがつく。つまり、4人で回れば合計8人の大所帯になる。さらに見習いキャディ研修なんかがあるともう4人増えて、12人で回ることになる。まさにゴルフの大名行列である。ビジターの場合はゴルフ場が決めたキャディになるが、メンバーになると、なんとキャディを指名することもできる(指名料の相場は20万ドン=約1000円)。

 感心したのは、ベトナムのキャディがみな賢いことだ。初めてのコースでも、数ホール後には残りの距離と風、プレーヤーの飛距離を考慮して、ベストなクラブを選択してくれるのだ。これが見事なくらいに的中する。

 おかげで日本よりもよいスコアで回れる人が続出するそうだが、それも納得。もちろん、当コンシェルジュも普段よりいいスコアで上がることができた(具体的には公表は差し控えさせていただくが)。まるで自分の腕が上がったかのような錯覚に陥るが、これもまたベトナムでゴルフをする楽しみのひとつと言っていいだろう。

 なお、ホールアウト後には20万ドン程度のチップを忘れずに渡したい。

■鳥海高太朗(とりうみ・こうたろう)/千葉県富津市生まれ。航空・旅行アナリスト、帝京大学理工学部航空宇宙工学科非常勤講師。文化放送「オトナカレッジ」に「トラベル学科」講師としてレギュラー出演中(毎週金曜日20時~)。著書に『That’s ANA マニュアル ANA 公式ガイドブック』『エアラインの攻防』など。1年間のフライト数は100以上。

※週刊ポスト2014年12月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国軍 ベトナム戦争で戦果を上げる勇猛部隊として知られた
韓国農村部に嫁いだベトナム人妻を韓国人夫が虐待する例頻発
上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP